« かつての同僚の早すぎる訃報に接して | トップページ | ポイントカードは何%のポイントなら使う気になるか »

2006/01/09

今年は運転免許証の更新の年だ

車を運転しなくなって久しくなる。もう15年くらいは運転していないように思う。

しかし運転免許証はいつも持ち歩いている。

なにかちょっと身分を証明するものを提示しなければならない時、運転免許証は手ごろな身分証明書代わりになる。

役所の窓口で書類を申請して、身分を証明できるものを提示するよう求められた時には、運転免許証しかない。

レンタルビデオ店でカードを作成したり更新したりする時や、銀行での手続きなどでも、運転免許証が必要になることが多い。

郵便局で、不在配達の郵便物を受け取る時にも、やはり免許証が必要だ。

僕は保険証も万一の場合のために待ち歩いているが、保険証は写真が付いていないために、身分証明としては通用しないことが多い。

パスポートなら通用するのだが、普段はパスポートを持ち歩かないので、結局のところ、僕のように会社を辞めて社員証を持っていない者にとっては、免許証が唯一の身分証明となっている。

その免許証を見たら、平成18年の誕生日まで有効、と書いてある。

西暦で書いてくれれば分かりやすいのに、と思いながらカレンダーを見て、今年が平成18年であることに気づく。

今年の誕生日の前には、免許証の更新に行かなければならないということだ。

もしも更新の時に実地試験がある制度だったら、僕は確実に不合格になるだろう。

僕は普通免許とともに、大型自動二輪の免許も持っているのだが、これが必要となるようなオートバイを運転した記憶はない。

よくこんな免許を昔取ったものだと、われながら感心する。

免許証を更新しても、これから先、僕が車の運転をすることは、おそらく一生ないかも知れない。

ペーパードライバーにとって、免許証の役割はアイデンティティーそのものなのだ。

|

« かつての同僚の早すぎる訃報に接して | トップページ | ポイントカードは何%のポイントなら使う気になるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/8079405

この記事へのトラックバック一覧です: 今年は運転免許証の更新の年だ:

» 原付免許 [平凡大学生の日常日記]
八月も終わりですね・・・早いものです。やっとテストが終わって自由になったというのに・・・休みが終わるのは早いです。今日は朝早くから弟が、原付の免許を取りに行きました。結果はまだわかりませんが・・・「サクセス」とか言う教習?に参加するため朝の5時に家を出て行きました。私は普通自動車免許から取得したので、原付の免許はおまけでついてきました。最近は、普通自動車免許では原付は運転できない・・・とか言う噂がながれているんですが、本当ですか??なにがともわれ・・・受かったらバイク代半分出...... [続きを読む]

受信: 2007/09/01 11:02

« かつての同僚の早すぎる訃報に接して | トップページ | ポイントカードは何%のポイントなら使う気になるか »