« ポイントカードは何%のポイントなら使う気になるか | トップページ | 今の好景気は、戦後最長の「いざなぎ景気」超す!? »

2006/01/11

骨董品並みのワープロがまだ作動する

ワープロを使わなくなったのはいつころからだろうか。

僕の場合は、96年暮れに初めてウィンドウズのパソコンを買ってインターネットを始めたのだが、その段階ではまだシャープのワープロ専用機も日常的に使っていた。

パソコンにバンドルされているワープロソフトは、ワープロ専用機に比べてはるかに使いにくく、ちょっとした文書を作る時はいつもワープロに頼っていた。

ワープロ専用機を使わなくなったのは、それで作成した文書をメールに添付して送るのが難しく、やってやれないことはないがとても手間がかかる、というような理由だったかも知れない。

いつしか、簡単な文章ならばウィンドウズのメモ帳かワードパットで済ませるようになり、やがて複雑な設定は出来ないがワードでもちょっとした文章が作れるようになると、そのままワープロ離れへとつながっていった。

ワープロ専用機用の数10枚のフロッピーには、以前に作成したさまざまな文書が入っているが、もはや使う必要のないものがほとんどで、かといって捨てるのも躊躇されて、そのままホコリをかぶったままになっていた。

先日、ワープロ専用機で昔作った罫線付きの文書を取り出す必要があって、何年ぶりかで専用機をひっぱり出してきて電源を入れてみた。

いきなりエラーメッセージが現れる。本体のメモリー用のバッテリーが切れているので電池を交換するように、というのだ。

バッテリーを交換して、初期画面が出るようになったが、説明書が見当らず操作方法がなかなか思い出せない。

あれこれキーを押したりしているうちに、2DDのフロッピーから目的の文書を呼び出すことは出来たが、この文書をパソコンで使えるようにするにはどうすればいいのか。

思い出しながらの操作で、これはテキスト変換でMS-DOSフロッピーに入れればいいことが分かる。

MS-DOSなんて懐かしい響きだが、うちにそんなフロッピーはあっただろうか、とフロッピーケースをあさってみる。

FORMATTED for IBMと書かれている2HDの新しいフロッピーがMS-DOSかも知れない、と思う。

これを使って、ワープロ用のフロッピーから文書を変換して入れ、こんどはパソコンのフロッピードライブに入れてみる。

罫線は見事にバラバラに分解しているが、テキスト部分は崩れることなく、ちゃんと入っている。

というわけで、骨董品並みのシャープのワープロ専用機は、まだ作動することが確認できた。

しかし、今後使うとしても、今回のように昔作った文書をパソコン用に変換する時くらいしか、専用機を使うこともないだろうと思う。

久々にワープロ専用機をいじってみて、画面がカラーではなくモノクロだったのは隔世の感があった。

|

« ポイントカードは何%のポイントなら使う気になるか | トップページ | 今の好景気は、戦後最長の「いざなぎ景気」超す!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/8112089

この記事へのトラックバック一覧です: 骨董品並みのワープロがまだ作動する:

« ポイントカードは何%のポイントなら使う気になるか | トップページ | 今の好景気は、戦後最長の「いざなぎ景気」超す!? »