« とっておき号外に見るあの時(4)-毛沢東の死 | トップページ | サイトにおける指数の表し方 »

2006/02/17

1年3カ月ぶりに観た映画、「博士の愛した数式」

06-02-17_22-13今日は、表の「時間の岸辺から」と連動して書く。

久々に映画館で映画を観た。

一昨年11月に「ハウルの動く城」を観て以来、1年3カ月ぶりの映画館である。

これだけ長い間、映画館に行かなかったのは、僕が物心ついてから初めてかも知れない。

久々に大きなスクリーンで映画を見て、映画館というのは暗いものなのだという、あたりまえの事実に、僕はあらためて驚いた。

日ごろ、テレビやパソコン、ケータイの画面を明るい中で見慣れている身には、ちょっとしたショックだった。

映画館の暗さは、ハンパな暗さではなく、真っ暗であり、闇なのだ。

この暗い中に存在している世界は、スクリーンの世界だけであり、それを見ている自分だけだ。

余分の光も見えず、余計な雑音も聞こえない。

これは、映画を鑑賞するという行為にとって、本質的な前提条件だったのだ。

僕は、テレビで放映する映画の意義を否定するつもりはないが、テレビやビデオで映画を観るのは、自分が一度見ている映画に限る、という気がする。

まったく初めて観る映画を、家でビデオで観たらどういうことになるか。

僕はかって、キューブリックの「時計仕掛けのオレンジ」を初めて家のビデオで観た時には、こりごりしたものだ。

息をつくことも出来ない重要なシーンというのに、配達か何かで玄関のチャイムは鳴る、勧誘の電話はかかってくる、表でけたたましいサイレンが鳴る、さおだけ屋がのんびりと声をあげて通過していく。

さらに、不要家電の回収に回っている車がスピーカーで呼びかけてまわる。

結局のところ、こうしたモロモロの音によって、映画の内容に集中できないのだ。

久々に入った映画館は、こうした音や光のノイズを遮断していて、すっきりと映画に集中することが出来た。

評判どおりの素晴らしい映画だった。

タイトルにある「博士の愛した数式」がどんな数式なのかについては、表の「時間の岸辺から」の方に連動して書いた。

数と数式がこの映画を流れる横糸だとすると、縦糸になっているのが実に意外なことに、阪神タイガースと江夏である。

これ以上はネタバレになってしまうので書けないが、阪神ファン、とりわけ江夏のファンは必見の感動作だ。

(表の新着情報:「21世紀の歩き方大研究」の21世紀エッセイ「時間の岸辺から」に、「博士が愛したオイラーの公式の神秘的な美しさ」をアップロード)

|

« とっておき号外に見るあの時(4)-毛沢東の死 | トップページ | サイトにおける指数の表し方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/8705269

この記事へのトラックバック一覧です: 1年3カ月ぶりに観た映画、「博士の愛した数式」:

« とっておき号外に見るあの時(4)-毛沢東の死 | トップページ | サイトにおける指数の表し方 »