« とっておき号外に見るあの時(6)-空の大惨事 | トップページ | 2月が逃げていく‥明日から3月 »

2006/02/27

遠くまで歩いて、桃の花を買う

06-02-27_16-18花瓶の花が枯れかけてきたので、いつも花を買っている近くの市場に何度か行ってみたが、あるはずの花がない。

売り切れたのか、もう花を置かなくなったのかと、市場の人に聞いてみると、花はしばらくお休みだという。

桃の節句を前にして、しばらくお休みとは、つまりは花屋さんがつぶれてしまったか、撤退してしまったかであろう。

そこで、花をどこで買ったらいいのか思案に暮れる。

新宿まで行けばデパートの花屋があるが、花を買うためだけに電車に乗るのもなんとなくいやだ。

かなり歩いて、山手線沿いにある花屋まで行く。電車で新宿に行ったほうが早かったかも知れないが、この花屋は小さいけれども品揃えがよくて安い。

桃の節句が近いことを思い出して、桃の花の入っているものを買う。

桃の花はぽろりと落ちてしまいやすいので、花瓶に生けるときにも注意を払う。

それでも2、3の花が落ちてしまったが、生けてしまえばぶつかったりしない限りは落ちることはない。

僕の最後の職場は、女性の多い職場だった。

毎年3月3日になると、僕はなぜというわけでもないが、雛あられに桃の花1本を添えて、差し入れとして職場の休憩室に持っていった。

あれから10年になる。

桃の花を見ると、みんなどうしているだろうか、と思い出す。

|

« とっておき号外に見るあの時(6)-空の大惨事 | トップページ | 2月が逃げていく‥明日から3月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/8862001

この記事へのトラックバック一覧です: 遠くまで歩いて、桃の花を買う:

« とっておき号外に見るあの時(6)-空の大惨事 | トップページ | 2月が逃げていく‥明日から3月 »