« ロッキード事件発覚から30年、児玉邸のゴルフボール | トップページ | とっておき号外に見るあの時(2)-元号は平成 »

2006/02/05

春は名のみの寒さ、都庁わきの池にも氷張る

06-02-05_17-11立春寒波の襲来で、今日も凍てつくような寒さが続く。

西新宿の都庁わきに作られている小さな人工池は、午後の日差しを浴びても氷が張ったままだ。

春は名のみ。
この時期にぴったりなのが、「早春賦」の歌だ。


♪ 春は名のみの 風の寒さや
   谷の鶯 歌は思えど
   時にあらずと 声も立てず
♪ 春と聞かねば 知らでありしを
   聞けば急かるる 胸の思を
   いかにせよとの この頃か(吉丸一昌作詞 中田章作曲)

この歌を作曲した中田章さんは、日本のシューベルトといわれる中田喜直さんの父である。

中田喜直さんは、夏、秋、冬をテーマにした叙情歌の傑作で名高い。

「夏の思い出」「小さい秋見つけた」「雪の降る町を」である。

生前の中田喜直さんがテレビに出演した時に、司会のアナウンサーが「夏、秋、冬とあるのに、春は?」と尋ねたことがある。

その時、喜直さんははにかんで「春は、私の父が早春賦を作っておりますので、まあ父に遠慮したようなしだいです」と応えていた。

本物の春は、今月19日の雨水、3月6日の啓蟄を経て、やはりお彼岸になるまでは、おあずけなのかも知れない。

あと1カ月半の辛抱である。

|

« ロッキード事件発覚から30年、児玉邸のゴルフボール | トップページ | とっておき号外に見るあの時(2)-元号は平成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/8516376

この記事へのトラックバック一覧です: 春は名のみの寒さ、都庁わきの池にも氷張る:

« ロッキード事件発覚から30年、児玉邸のゴルフボール | トップページ | とっておき号外に見るあの時(2)-元号は平成 »