« ビキニ水爆実験と第五福竜丸の被爆 | トップページ | 未来アートあふれる文化庁メディア芸術祭 »

2006/03/02

勝浦市に嫁入りした雛人形に代わるミニ雛飾り

06-03-02_16-342我が家の雛人形たちは、4年前に勝浦市に嫁入りし、毎年「かつうらビッグひな祭り」の中のどこかに飾られて、新たな人生を歩んでいる。

この話は、1年前のこのブログで書いたが、それらの8段飾りの人形たちに代わって、僕の家でささやかに雛祭りのムードを演出しているのが、手のひらに乗るほどの小さなミニミニ雛飾りだ。

台の直径12センチ、高さ10センチ。本当にちょっとした風で吹き飛びそうな軽さで、いまはテレビの上に、ちょこんと乗っている。

もともとは台座の中に、雛あられが入っていたのだが、いまは棚の奥にしまわれていて、雛祭りの前だけ出して飾っている。

嫁入りして「かつうらビッグひな祭り」に出ている雛人形たちの、いわば分身である。

桃の節句というのに、今年は本当に寒い。

東京のサクラの開花予報が昨日発表になり、東京は平年より3日早い25日だという。

そんなはずはないように思う。これだけ寒い日が続いた冬の後は、サクラの開花が遅れるのが普通だ。

結局は平年並みか、それよりやや遅れるのではないか、という気がしている。

|

« ビキニ水爆実験と第五福竜丸の被爆 | トップページ | 未来アートあふれる文化庁メディア芸術祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/8909382

この記事へのトラックバック一覧です: 勝浦市に嫁入りした雛人形に代わるミニ雛飾り:

« ビキニ水爆実験と第五福竜丸の被爆 | トップページ | 未来アートあふれる文化庁メディア芸術祭 »