« ボーダフォンがソフトバンクに買収されると | トップページ | とっておき号外に見るあの時(7)-樺美智子さんの死 »

2006/03/05

東京のサクラ開花、気象庁は25日で民間は29日

今年のサクラの開花予報が、気象庁と民間気象予報会社で大きく食い違っていて、注目を集めている。

気象庁は今月1日、東京のサクラの開花は平年より3日早く、昨年より6日早い25日と予想した。

僕はこのニュースを聞いた時に、今年の冬は例年になく寒かったのに、なぜ、と不思議に思った。

説明によると、サクラは寒い冬の後で、2月と3月に暖かい日が続くと開花が早くなる傾向にあり、今年はそれにあてはまるのだという。

暖かい日なんて2月にはほとんどなかったのに、それでもこれから3月に暖かくなって開花が早まるのだろうか。

これに対して、民間気象会社の「ウェザーニューズ」は、東京のサクラの開花を平年並みの29日と発表している。

この食い違いは大きい。

サクラは開花から1週間で見ごろを迎えるとされていて、気象庁の予報なら4月1日(土)と2日(日)がお花見のピークになる。

一方、民間気象会社の予報なら、4月1日と2日はまだ2分咲き、3分咲きの状態で、見ごろは4月5日(水)ごろになり、その週末の8日(土)、9日(日)あたりの散り始めたころが、お花見のピークになるかも知れない。

気象庁はこのところ、今年の厳冬を暖冬と予想し誤るなど、大はずれが目立っていて、僕の感じでは25日の開花はあり得ないように思う。

結局のところ、29日開花という民間気象会社の予報の線に落ち着くのではないか、という気がしているが、さてどんなものだろう。

|

« ボーダフォンがソフトバンクに買収されると | トップページ | とっておき号外に見るあの時(7)-樺美智子さんの死 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/8953367

この記事へのトラックバック一覧です: 東京のサクラ開花、気象庁は25日で民間は29日:

« ボーダフォンがソフトバンクに買収されると | トップページ | とっておき号外に見るあの時(7)-樺美智子さんの死 »