« 映画「THE有頂天ホテル」など‥ | トップページ | 王ジャパン世界一、TV観戦後に号外ゲット »

2006/03/20

4月からワンセグにネットTV、時間争奪戦争へ

4月1日から、ワンセグが始まるらしい。

ケータイ向けの地上デジタル放送のことらしいが、僕の機種は対応していないようなので関心はない。

それほどまでして、ケータイでテレビを見る必要があるのかと、僕などは不思議に思う。

ケータイでワンセグを見たいという人もいると思うが、結局のところ、ワンセグを視聴すればその分だけ、何かの時間を削らなければならないのではないか。

そんなことを思っていたところ、今日、ASAHIネットからお知らせのメールが来て、4月1日から有料のASAHIネットTVを始めるという。

これはセットトップボックスというのを光ファイバーの回線につなぎ、そのボックスをテレビにつなぐことで、3500本のビデオと31のチャンネルを視ることが出来るのだという。

有料のネットTVは、どれほどの需要があるのだろうか。

かりに、かなりの需要があって申し込む人が結構いるとしても、ネットTVを視る人たちは、その分だけ、何かの時間を削らなければならないのは、ワンセグの場合と同じだ。

ワンセグやネットTVのほかにも、パソコンで動画を見ることが出来るブロードバンドサービスは、すでにヤフーやニュース系サイトなどあちこちで始まっている。

これも、最近は1本30分くらいの番組が配信されていて、画質もいいので視ていると結構時間が経つ。

こうした新しい動画サービスとは別に、テレビは地上アナログ、地上デジタル、BSデジタル、CSデジタル、110度CSと、もう数えきれないほど多くのチャンネルがひしめき合っている。

ラジオも加えると、AMからFM、短波とこれまた数多くの放送局がそれぞれの番組を流している。

人間は、こうしたテレビやラジオ、ネット動画ばかりを視たり聴いたりしているわけにはいかない。

1人の人間に与えられている時間は、だれでも平等に24時間で(高橋尚子選手がこんなようなことを言っていたが)、その限られた時間の中で、さまざまなことをやっているのだ。

あれもこれもと、次から次へと新しいコンテンツサービスが出てくるにつけ、個人の限られた時間をめぐる争奪戦争は、熾烈を極めることになるものと想像する。

新しいことに時間を割く人たちは、どの時間を削ることになるだろうか。読書や新聞か、映画や観劇、コンサート、スポーツか。はたまた散歩や睡眠か。

時間争奪戦争は、勝者なき消耗戦になりそうな気がする。

|

« 映画「THE有頂天ホテル」など‥ | トップページ | 王ジャパン世界一、TV観戦後に号外ゲット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/9175870

この記事へのトラックバック一覧です: 4月からワンセグにネットTV、時間争奪戦争へ:

« 映画「THE有頂天ホテル」など‥ | トップページ | 王ジャパン世界一、TV観戦後に号外ゲット »