« 人体に含まれる微量の金には、どんな働きが | トップページ | キリストはユダの裏切りをなぜ防がなかったのか »

2006/04/06

9年前はまだモノクロ放送があった?

僕は、エクセルで作成した延べ1500曲のクラシック音楽録画データベースの中から、ふっと聴きたくなった曲があると、そのVHSかDVDを棚から取り出して再生する。

昨夜は、バルトーク弦楽四重奏団によるシューマンのピアノ五重奏曲のビデオを取り出して再生してみた。放送されたのは、NHKの教育テレビか衛星第2のどちらかのはずだ。

このビデオを見るのは初めてではないはずなのに、なんと演奏前のインタビューも演奏そのものも、全編モノクロだったのには驚いた。

ビデオのラベルを見ると1997年12月の放映となっていて、この演奏はその年に来日したバルトーク弦楽四重奏団の東京での演奏会を収録したものだ。

いまでも、「思い出の名演奏」というような番組では、1960年代や70年代に来日した演奏家の公演を、モノクロで放送することはたまにある。

しかしこれは、1997年に行なわれた公演の収録番組だ。

9年前にはまだモノクロの番組も当たり前のようにあった、ということだろうか?

僕はてっきり、そのころはすべての番組がカラー化されていたと思っていたのだが、これは錯覚でまだモノクロもあったのかも知れない。

久しぶりでモノクロの番組を見るのも、レトロな雰囲気で悪くはない。

僕の少年時代はもちろんのこと、社会人になってからもしばらくの間は、テレビといえばモノクロのものだった。

カラーテレビが出来てからも、カラー放送は全体の何割かしかなく、「この番組はカラーで放送しています」というテロップがわざわざ流されていた。

モノクロテレビでカラー放送の番組を見ているわれら下々の者が、このテロップが流れるたびに羨望と屈辱で歯ぎしりしたのも、いまとなっては懐かしい。

|

« 人体に含まれる微量の金には、どんな働きが | トップページ | キリストはユダの裏切りをなぜ防がなかったのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/9459535

この記事へのトラックバック一覧です: 9年前はまだモノクロ放送があった?:

« 人体に含まれる微量の金には、どんな働きが | トップページ | キリストはユダの裏切りをなぜ防がなかったのか »