« 釈然としないホリエモン保釈、一審は無罪の流れか | トップページ | 記録媒体としてのDVDは便利だが、時にエラーも »

2006/04/28

1カ月500円で毎日食べられる「うどん定期券」

060427_17501街をあるいていたら、「うどん定期券」の看板を見かけた。

1カ月500円で、毎日、その店のうどんが食べられる、と書いてある。

ほんまかいな。500円で毎日食べられるなら、極貧の生活をしている人々には朗報ではないか、と思って看板をよく読んでみる。

この定期券を買えば、1日1回、その店のすべてのうどんや定食などが、105円引きになる。

うどんにもいろいろな種類があるが、かけうどんの小は105円なのだ。

これを食べるなら、定期券によって105円引きとなって、追加料金はゼロですむ。

1カ月間、かけうどんの小を食べ続けるならば、500円の定期券1枚で事足りる。

ただし、この定期券は発売期間がGW中だけで、更新も出来ないと書いてある。

ほかの具の入ったうどんを注文する時は、105円との差額を払う必要があるのだが、うどん好きの人ならば買うに値するかどうか。

残念ながら、僕はラーメンや日本そばなら食べるが、うどんは子どものころから苦手。

食べ物についての定期券という発想はいいが、もっと別なもので定期券を作ってほしいなあ。

ステーキ定期券とか、うな丼定期券とか。1カ月で3000円程度なら買ってもいいが、店の側は採算が取れず、やはり無理か。

(表の新着情報:「21世紀の歩き方大研究」の21世紀エッセイ「時間の岸辺から」に、「あれほど待ちわびたGWも、いざ明日からとなると‥」をアップロード)

|

« 釈然としないホリエモン保釈、一審は無罪の流れか | トップページ | 記録媒体としてのDVDは便利だが、時にエラーも »

コメント

はなまるまだ行ったことがないなあ。
ドトールみたいなチケットがいいかも。

投稿: 秋葉OL | 2006/05/02 22:23

ときどき行くのなら、定期券より回数券方式のほうが、使いやすいかもしれませんね。割引率の良いプリペイドカード方式などもあるといいと思います。

投稿: BANYUU | 2006/05/02 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/9802396

この記事へのトラックバック一覧です: 1カ月500円で毎日食べられる「うどん定期券」:

« 釈然としないホリエモン保釈、一審は無罪の流れか | トップページ | 記録媒体としてのDVDは便利だが、時にエラーも »