« ライブドアが六本木ヒルズから撤退? | トップページ | 鉄の鎧をまとった巻貝、どうやって進化した? »

2006/04/03

300冊の手塚治虫漫画にお別れ

060403_1738春は別れと新生の季節。

今日は、何十年にも渡って保管してきた手塚治虫の古い漫画本を、25年ぶりに整理した。

家にあるのは、昭和30年代から40年代のものが中心で、最も新しいものでも昭和50年代前半までだ。

押入れや収納棚の奥深くに、プラスチックケースなどに入れて保管してきたものが多く、上の収納棚の奥にあるものは、脚立を使っても容易には取り出すことが出来ず、まさに悪戦苦闘だった。

これからも保存したいお気に入りの漫画を取り分け、それ以外のもの全部を一箇所にまとめてみた。

かなりの冊数を取り置いたのだが、それを別にしても300冊はある。

25年間1度もページを開くことなく眠っていたこの300冊とは、お別れである。

惜しいと思い出せばきりがない。年度が替わったこの時期、思い切ってサヨナラをしなければ、また10年も20年も、決別の機会を逸してしまうかも知れない。

さらば、手塚漫画の数々よ。春の嵐とともに、新たな活路を求めて散っていくがいい。

手塚コレクションに熱中し続けてきた僕の長い長い青春も、ようやくにして終わりである。

|

« ライブドアが六本木ヒルズから撤退? | トップページ | 鉄の鎧をまとった巻貝、どうやって進化した? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/9411652

この記事へのトラックバック一覧です: 300冊の手塚治虫漫画にお別れ:

« ライブドアが六本木ヒルズから撤退? | トップページ | 鉄の鎧をまとった巻貝、どうやって進化した? »