« 4月も今日で終わって、明日から5月 | トップページ | 原油価格の高騰で、デフレからインフレへの足音が »

2006/05/01

神田川沿いに、ひっそりと人魚姫の像が

060501_1730神田川に沿って、小滝橋から末広橋まで歩いてみる。

神田上水公園が途切れて、中央線のガードをくぐって南側に行くと、人通りのない小道が神田川に添って続く。

小道をはさんで、川沿いには民家が続く。

民家の途中、ひっそりとした植え込みの中に、ブロンズの人魚の像があるのにびっくりした。

誰の作なのか、なぜこんなところに人魚姫がいるのか、なんの説明書きもない。

そもそもこの植え込みが私有地なのか、公有地なのかも分からない。

おかっぱの子どもの人魚のようで、腕組みをする姿で、向かいに流れる神田川を見下ろしている。

神田川に人魚伝説のようなものがあるのだろうか。

こころなし寂しそうな表情が気にかかる。

薄幸の人魚姫のような印象を受ける。

|

« 4月も今日で終わって、明日から5月 | トップページ | 原油価格の高騰で、デフレからインフレへの足音が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/9847424

この記事へのトラックバック一覧です: 神田川沿いに、ひっそりと人魚姫の像が:

« 4月も今日で終わって、明日から5月 | トップページ | 原油価格の高騰で、デフレからインフレへの足音が »