« 死者44人を出した歌舞伎町のビル取り壊し | トップページ | 行き付けの歯科医が日曜日も診療開始 »

2006/05/09

たまには更新しない日があってもいいかと

気がついたら、もう夜の10時を回っている。

いけね。ブログの更新がまだだ。

さっきまで、あれを書こうか、これを書こうか、と頭に浮かんでいたのだが、時間がなくなってくると、もう頭の中はカラッポだ。

こんな日くらいは、更新を休もうか、とふと考える。

「そうだそうだ。休め休め。こういう時こそ休むチャンスだぞ」と、もう一人の僕がけしかける。

ふむ。休んでしまえばいいのか。それもそうだな。書くこともまとまらないのに、更新するこたあないか。

ブログの濁点を取ってしまえばフロクなんだから、フロクをたまに休んでも、バチはあたるまい。

よし、今日は休むか。

また別な僕がわきから叫ぶ。

「あっ。ばかだな。それを書き綴っている。あ~あ、せっかく休むチャンスだったのに、みすみすつぶしてしまって」

今日はブログを更新しない、と書くことはパラドックスなのか。

そのうち、ゆっくりした時に更新をきちんと休むことにして、今日のところはとりあえず、このへんで。

|

« 死者44人を出した歌舞伎町のビル取り壊し | トップページ | 行き付けの歯科医が日曜日も診療開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/9994580

この記事へのトラックバック一覧です: たまには更新しない日があってもいいかと:

« 死者44人を出した歌舞伎町のビル取り壊し | トップページ | 行き付けの歯科医が日曜日も診療開始 »