« DNAを寸断されても、元通りに繋がって生き返る生物 | トップページ | たまには更新しない日があってもいいかと »

2006/05/08

死者44人を出した歌舞伎町のビル取り壊し

放火と見られる火災で死者44人を出した歌舞伎町の雑居ビルの取り壊しが始まった、というニュースに感慨深いものがある。

この事件そのものへの関心というよりは、あれからもう5年近くにもなるということに驚きを禁じえない。

事件は2001年9月1日、防災の日の未明に起きた。

翌日、歌舞伎町の現場付近に行ってみたことが、つい昨日のようだ。

現場には、たくさんの花束とともに、亡くなった若い女性たちへのメッセージもいろいろと書き添えられていた。

僕がこの事件をことのほか強く覚えているのは、ちょうどこのころに日本で初めてBSE(そのころはまだ狂牛病と呼ばれていた)の牛が見つかって大騒ぎになっていたこともある。

が、もっと大きな理由は、歌舞伎町の惨事からちょうど10日後に、世界を震撼させた9.11同時多発テロが起きたことだ。

僕の記憶では、歌舞伎町の惨事、狂牛病の牛、9.11テロは、ほとんど間髪をいれずして起きた出来事として焼きついている。

それだけに、あれから5年も経つのか、と感無量の思いがする。

これから先の5年間も、これと同じようなスピードで光陰のごとく、矢のごとく過ぎていくのかと思うと、もののあわれを感じる。

|

« DNAを寸断されても、元通りに繋がって生き返る生物 | トップページ | たまには更新しない日があってもいいかと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/9965281

この記事へのトラックバック一覧です: 死者44人を出した歌舞伎町のビル取り壊し:

« DNAを寸断されても、元通りに繋がって生き返る生物 | トップページ | たまには更新しない日があってもいいかと »