« 表の地球カレンダーのデータが日テレ特番に | トップページ | 今日は芒種、5日後の入梅との差異は »

2006/06/05

「要するに」を多発した小学時代の村上容疑者

今日はニュースがやたらと多い。

こういう日のブログは、何を書いたらいいのか分からなくなる。

盗作疑惑の画家への芸術選奨取り消し。文化庁の文化度が世界の物笑いに。

秋田の豪憲君殺害に関連して、水死した彩香ちゃんの母親逮捕。彩香ちゃんの死への疑惑もさらに深まる。

東京・港区のマンションでエレベーターに挟まれて死亡した高校生の通夜。責任はどこに。

そして、本日ナンバーワンのニュースは、村上ファンドの村上世彰代表逮捕だろう。

これについては、ニュースでいろいろな人がさんざん感想を述べている。

村上容疑者は、小学生のころに父親から100万円を渡されて、これを増やすように言われたという。

小学時代の村上少年を知る友人が、テレビで語っていた内容が印象的だった。

彼は小学生なのに、「要するに」を多発する子どもだった、というのだ。

この「要するに」こそ、村上容疑者の正体であり、村上ファンド事件の本質なのだ、と僕は感じる。

要するに株主価値こそが大切であり、要するに利益を上げることに尽きるのだ。

要するに、お金儲けはいいことなのであり、要するに自分はホリエモンたちから日本放送株の話を「聞いちゃった」だけなのに、東京地検によってインサイダー取引にされちゃったのだ。

この「要するに」は、すべての途中経過を不問にして、利益がどれだけ上がったかですべての価値を決める。

儲ければ、勝ち。儲けをうらやみ、ねたみ、指をくわえながら悪口を言う有象無象は、すべて負け。

世の中は、それがすべてである。要するに、世の中とは、その程度のものなのだ。

これが、村上哲学なのだろう。

「要するに」によって、はみ出された部分。「要するに」によって、省かれ、はしょられた部分。「要するに」で括れない部分。

それらは、世の中にとって無価値であり、不要であり、邪魔であり、目に入れるのも煩わしい。

いま東京拘置所の中で、村上容疑者は「要するに」と、今回の事態について、考えをめぐらせているに違いない。

|

« 表の地球カレンダーのデータが日テレ特番に | トップページ | 今日は芒種、5日後の入梅との差異は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/10406248

この記事へのトラックバック一覧です: 「要するに」を多発した小学時代の村上容疑者:

» 村上氏は完全に無罪 [1喝たぬき]
検察は、何を根拠に村上氏を逮捕したのか。日本の検察が阿呆の集団とは、知らなかった。 [続きを読む]

受信: 2006/06/06 23:55

« 表の地球カレンダーのデータが日テレ特番に | トップページ | 今日は芒種、5日後の入梅との差異は »