« ルミネ・エストのレストラン街、19日から昼は全席禁煙に | トップページ | 犬を散歩させている人は、通り魔になり得ない? »

2006/06/11

パラグアイのオウンゴールは気の毒だ

W杯サッカードイツ大会は、明日、日本がオーストラリアと対戦するというので、メディアは過熱しているが、僕はあまり関心がない。

それよりも、僕が興味を持ったのは、イングランド-パラグアイ戦のオウンゴールだ。

テレビではベッカムのフリーキックのシーンを、スロービデオで何度も放映していた。

パラグアイのガマラ主将はクリアするつもりが、頭をかすめたボールがゴールに飛び込んだという感じだ。

これをオウンゴールと言ったのでは、いささか気の毒な気がする。

野球で言えば、強烈な打球を内野手がはじいてしまったようなもので、エラーではなく、内野安打の扱いになるケースだ。

オウンゴールというのは、僕のイメージではゴール前の競り合いの時に、あわてて、あるいはミスで、自陣営のゴールに蹴り入れてしまうようなことだろうと思う。

かつては全くの勘違いで、自陣営のゴールに力いっぱい蹴り込んだ文字通りの自殺点も少なくなかった。

12年前、94年のW杯では、オウンゴールをやってしまったコロンビアのエスコバル選手が、帰国後に「自殺点をありがとう」という捨て台詞を浴びせられて射殺されるという事件も起きた。

たかがW杯、されどW杯。僕はなぜか気の毒な負け方をしたチームや選手の方に目がいってしまう。

|

« ルミネ・エストのレストラン街、19日から昼は全席禁煙に | トップページ | 犬を散歩させている人は、通り魔になり得ない? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/10484462

この記事へのトラックバック一覧です: パラグアイのオウンゴールは気の毒だ:

» サッカーW杯 [気まぐれブログ]
このブログのタイトルが気まぐれブログなだけに、久々の日記更新です(^^;4年に1度のサッカー・W杯ドイツ大会が始まりましたネ☆彡 前回の日韓W杯は、... [続きを読む]

受信: 2006/06/11 23:46

« ルミネ・エストのレストラン街、19日から昼は全席禁煙に | トップページ | 犬を散歩させている人は、通り魔になり得ない? »