« 犬を散歩させている人は、通り魔になり得ない? | トップページ | 巨人、ご愁傷さまの8連敗 »

2006/06/13

ビール1日17本で、前立腺がん予防効果?

米オレゴン州立大学の研究チームは、ビールを1日に17本以上飲めば、前立腺がんを予防する効果があることを発見したという。

僕は、1日17本という数字に、いまはとっくに他界しているある人物を思い出す。

彼は、アルコール依存症というよりも、ビール中毒患者といった方がいいくらい、ビールに溺れていた。

どれくらいひどいビール中毒かというと、まず彼は朝、出勤の途中でいつも、開店している軽食喫茶のようなところに寄って、ビールを3本くらい飲む。

彼は当時、さる記者クラブ詰めだったので、会社には行かずに、そのままクラブに直行していいことになっていた。

クラブに着くなり、彼はまだ昼前だというのに、記者クラブの世話をしている女性に、ビールを買ってくるように頼む。

官庁内の売店から買ってきたもらったビールを2、3本飲んだ彼は、もう昼ころには完全に出来上がっていて、さらにビールを3本、4本と買ってきてもらって飲む。

「もう、ビールはおよしなさいね」と女性がたしなめると、彼は怒り出す。

そうして、午後の記者会見のころには、ほとんど泥酔の状態になっていて、メモを取ることも、まして原稿を書くこともおぼつかない。

何の会見だったのかすら覚えていない彼に、他社の記者が見かねて、原稿書きを手伝ったこともあったようだ。

ともかく、この記者クラブは発表も少なく、ただいることに大きな意味があったので、彼のビール中毒は会社の上司たちの耳にも入っていたが、放置されていた。

彼が1日に飲んだビールの量は、それこそ17本に達していたのではないか。

前立腺がんの予防効果があったかどうかは知らないが、彼はまれに見るビール腹となり続け、苗字の後にデブを付けて、「××のデブ」と呼ばれていた。

彼は、その記者クラブに在籍のまま、ある日、ポックリと死んでしまった。

ビールを1日に17本も飲み続けると、「××のデブ」のようになるに違いない、と僕は確信している。

|

« 犬を散歩させている人は、通り魔になり得ない? | トップページ | 巨人、ご愁傷さまの8連敗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/10509450

この記事へのトラックバック一覧です: ビール1日17本で、前立腺がん予防効果?:

« 犬を散歩させている人は、通り魔になり得ない? | トップページ | 巨人、ご愁傷さまの8連敗 »