« 「要するに」を多発した小学時代の村上容疑者 | トップページ | 命を奪って居直るシンドラーのリフト »

2006/06/06

今日は芒種、5日後の入梅との差異は

今日は二十四節気の一つ、芒種(ぼうしゅ)だ。

芒種というのは、あまりポピュラーではない二十四節気だが、辞書を引くと、稲・麦など芒(のぎ)をもつ穀物の種をまく時期、とされている。

芒とは何だろうと思って、引いてみると、稲や麦などイネ科植物の花の外側の穎(えい)の先端にある針状の突起とある。

つまりは稲のことを芒といっているのであり、芒種は稲作民族の日本人にとっては、とても大切な節目といえる。

科学的な定義では、春分の太陽の黄径を0度として、芒種は太陽の黄径が75度の日とされていて、それが今日である。

カレンダーを見てみると、5日後の6月11日が入梅とある。

この入梅は二十四節気には入ってなく、節分や彼岸などとともに雑節と呼ばれている。

雑節ではあるが、入梅は太陽の黄径が80度の日と定義されているから、れっきとした太陽の動きに基づいて決められている。

太陽の動きとはもちろん見かけ上のことで、実際には太陽の周りを公転する地球の動きである。

今日の芒種から11日の入梅までの間に、見かけ上の太陽は黄道上を5度移動し、太陽から見た地球の位置は、わずか5度の角度だけ移動する。

この5度という小さな角度の変化が、微妙な季節感の移ろいに繋がる。

暦の上の入梅と前後して、東京地方では今月8日ごろが平年の梅雨入りとなる。

そして、今月21日には芒種の次の二十四節気である夏至を迎える。

夏至は太陽の黄径が90度になる日であり、春分の時から比べると、地球は3カ月かかって太陽の周りを角度にして90度、ちょうど4分の1周する時点にさしかかることになる。

僕たちは、ほかのすべての生き物たちとともに、地球という巨大な箱舟に乗って、太陽の周りを365日かけて猛スピードで一周する宇宙旅行のさなかにいるのだ。

|

« 「要するに」を多発した小学時代の村上容疑者 | トップページ | 命を奪って居直るシンドラーのリフト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/10416738

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は芒種、5日後の入梅との差異は:

« 「要するに」を多発した小学時代の村上容疑者 | トップページ | 命を奪って居直るシンドラーのリフト »