« 「日本沈没」を見て、「テルーの唄」のCDを買う | トップページ | 「冬の旅」終曲に出てくるライヤーという楽器 »

2006/08/25

冥王星人の天文学総会が地球を惑星から外す

冥王星人の天文学者たちの間では、ここ数ヶ月、太陽から3番目の軌道を回る「地球」を、惑星から外すべきかどうかについて、侃々諤々の議論を続けてきた。

地球を惑星からはずすべきだという論拠は、このところの地球人たちの暴走は目に余るものがあり、太陽系の惑星たちの大きな脅威となっている、という見方が広がっているためだ。

「地球人たちの戦争好きは、もはや看過できない。このままでは、いずれ太陽系を戦場にしてしまうだろう」

「それに、自分たちの住む星を、メチャメチャに破壊して平然としているとは、狂気の沙汰だ」

こうして、冥王星人たちは、そもそも惑星とは何か、という定義から改めて議論を始めたのだった。

惑星とは、生命が存在するとしないとにかかわらず、穏やかで安泰なものでなければならない、というのが、大方の意見だった。

さらに、惑星であるからには、そこに生きる生命体は太陽系全体の一員であるという謙虚な自覚を持つべきであって、宇宙は自分たちの思いのままになるという思い上がりは、太陽系の調和を乱すものである、という意見も多かった。

しかし、せっかく冥王星の子どもから大人までが覚えてきた「水金地火木土天海冥」というおなじみのフレーズを壊すのは忍びない、という声もあった。

議論は天文学者たちの多数決にゆだねられることになった。

昨日行なわれた、全冥王星天文学総会では、わずかな差によって、地球を惑星から外す提案が可決され、これによって地球は「虚惑星」という新たな分類に格下げされることが正式に決まった。

惑星の数は9個から8個になり、並び方は「水金火木土天海冥」になる。

冥王星ではさっそく、来年からの教科書の書き換えの作業に入った

来年といっても、冥王星の1年は、地球の1年に換算して248年もの長さがあるので、時間はたっぷりある。

|

« 「日本沈没」を見て、「テルーの唄」のCDを買う | トップページ | 「冬の旅」終曲に出てくるライヤーという楽器 »

コメント

始めまして。

コウいうのは好きですね。落ちもイイ。

ところで、「惑星」だから闘争心に迷うのであって、「遊星」なら平和でしょうに。
全冥王星天文学総会に提案してはどうでしょうか。

では。

投稿: ケノ@モナ丼 | 2006/08/26 11:30

ケノ@モナ丼さん、はじめまして。
ご提案、全冥王星天文学総会の事務局に伝えておきました。来年の総会に諮ってみるそうです。

投稿: BANYUU | 2006/08/26 15:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/11601481

この記事へのトラックバック一覧です: 冥王星人の天文学総会が地球を惑星から外す:

« 「日本沈没」を見て、「テルーの唄」のCDを買う | トップページ | 「冬の旅」終曲に出てくるライヤーという楽器 »