« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/09/22

ソフトクリームのテイクアウト

060922_1504ウィーン旅行から帰って今日で1週間になる。

日本はずいぶん涼しくなっていると思ったら、その後は真夏日になったり湿度が高かったりして、天候の変化が大きい。

肌寒い日に入ったレストランやデパートで、冷房をガンガンと効かしていて、上着を着てもふるえるようなことが何度かあった。

だんだんと、暑いのか寒いのか分からなくなり、厚着をしても寒かったり、寒いのに汗をかいたりしているうちに、昨夜のうちについに喉をやられてしまった。

夜中に起きてみると喉が熱っぽくて痛い。

今朝は唾を飲み込むのも痛いほどになっていたが、うがいをしたりトローチをなめたりして、なんとか鎮めようとしてみる。

これで風邪の症状が出るようなら医者に行くのだが、セキもクシャミもなく熱もないので、とりあえずはトローチでなだめすかして連休を乗り切ることにする。

幸いなことに、食事は普通に取ることが出来、飲み込む時にも喉は痛くなくなっている。

昼食の後、僕としては非常に珍しいことに、ソフトクリームが食べたくてたまらなくなり、いてもたってもいられなくなった。

ソフトクリームなんて20年近く食べてないような気がする。

しかし、喫茶店などではパフェやアイスクリームはあるものの、単体のソフトクリームはありそうでないのだ。

駅を降りて家に帰る途中のケーキ屋さんの店頭に、巨大なソフトクリームの形をした広告物(?)が置いてあるのが目に入った。

ソフトクリームを売っているという案内板のようなものである。

店内で食べてもいいのだが、もう家に近いので、テイクアウト出来るか聞いてみたら、出来ますという。

家に帰って紙の袋を開けてみたら、ソフトクリームのコーンカップの上に、さらにコーンのふたをしてある(写真)。

ふたをした状態でポリ袋に入れられてドライアイスが添えてあり、万一融けてもこぼれ出さないようにしてある。

こんなに丁寧に包んでもらって220円とは安いように思う。

喉が熱っぽくて体が欲していたソフトクリームは、まさに生き返るようなおいしさだった。

今回の症状が明日になっても回復しなければ、明日もまたソフトクリームのテイクアウトだ。

喉が直っても、ソフトクリームには病み付きになるかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/14

ウィーンからのモブログ12

ウィーンからのモブログ12

ウィーンに来てから連日のように雲一つない快晴が続いている。

正確に言うと8日の朝は雨が降っていたのだが、午前10時ころに雨がやむとともに、空をおおっていた厚い雲も突如として消えて、快晴になった。

それ以来、まったく雨にお目にかからないばかりか、来る日も来る日も一片の雲すら見当たらないのだ。

これはウィーンの今頃に特有の気象なのだろうか、それとも僕がただ単にラッキーであるに過ぎないのだろうか、と不思議に思ってしまう。

さて快晴に恵まれた今回の旅もいよいよ終わりに近づいてきた。いろいろなところを訪れたが、行ってないところもたくさんある。

今日は、行ってないところの中でも、締めくくりとしてどうしても見ておきたいドナウ川に行ってみることにした。

ウィーンを環状に走っているトラムに乗ると大きな川が見えるので、これがドナウ川と間違えられやすい。しかしこれはドナウ運河で、本物のドナウ川はウィーンの中心部から北東にかなり離れたところを流れている。

ドナウ川を回る遊覧船も出ているが、出発時刻が決まっている上に、一周するのに2時間から3時間もかかるので、僕は地下鉄でブラリと行ってみることにした。

地下鉄は中心街から5駅で、ドナウ川の中洲にあるドナウインゼルという駅に着いた。

このあたりでは地下鉄はドナウ川の真上を走っていて、駅を降りるとそこは高い橋の上。眼下にはドナウ川がパノラマのように広がっている(写真)。

まさに、美しく青きドナウそのものだ。

悠久の時の流れとともに、時代を超えて流れ続けるドナウ。

この次に僕がドナウを見ることが出来るのは、何年後のことだろうか。

その時もまたウィーンは快晴が続いているだろうか。

☆☆☆☆☆
ウィーンからのモブログはこれにてひとまず終わりといたします。続きはまた何年後かに。
アオフ・ヴィーダーゼーエン!

BANYUU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/13

ウィーンからのモブログ11

ウィーンからのモブログ11

僕が出発前にネットで得た多くの情報では、ウィーンはヨーロッパの中で最もタバコの害に対して関心が薄く、カフェやレストランで禁煙席のあるところはほとんどない、ということだった。

これらの情報は、数年前まではその通りで正しかったのかもしれない。だが、百聞は一見にしかず、である。

僕は、禁煙席がないならカフェに入る予定は全くなかったのだが、店に入る前に尋ねてみると、ほとんどの店が禁煙席を設けていることが分かった。

これにより、僕はすっかりカフェめぐりにハマってしまったのである。

ちなみに僕がウィーンで入ったカフェと禁煙席の場所を、以下に記しておきたい。

★カフェ・モーツァルト 入り口を入ってすぐ左側の広いスペース
★ハイナー 1階の入り口右側の狭いスペースと2階左手のケーキケースの奥
★ザッハー 入り口のすぐ右側の広いスペース
★ラントマン 入り口右側の2卓8席のみ
★オーバーラー ここは禁煙席が2階で、朝早い時間は2階がクローズしているので要注意
★ツェントラル 入り口の左側手前、窓側の一帯。広いスペース

これらの中では、カフェ・モーツァルトとザッハーが落ち着いた雰囲気でとくにお勧めだが、僕が最も気に入ったのはツェントラルだ(写真)。

もともとは宮殿だった建物の中にあって、高い天井、クラシックな柱。広々としてゴージャスな内装。入り口の脇には、この店の常連だった作家ペーター・アルテンベルクの等身大の人形が専用のテーブルに座っている。

こうした雰囲気も素晴らしいのだが、僕がここ数日、通いつめているのは食事のメニューが充実していて、味が抜群だからだ。

今日食べたウィンナーシュニッツェルは、豚ではなくちゃんと子牛を使っていて、レモン半個が絞りやすいようにメッシュに包まれて添えられている。

さらに、別皿にサラダが付いてきて、17.5ユーロは決して高くない。

ギラーディローストブラーテンという、ガイドブックにも載っていない料理も絶品だ。牛肉のサーロインをやわらかく焼いたものに、細かく切ったさまざまな野菜のスープ風ソースをかけ、ベーコンを巻いたアスパラガスとパスタを添えたもので、メチャウマ。これは16,5ユーロだ

明日のお昼も、もちろんツェントラル以外には考えられない。こんどは何を食べようかなあ。

BANYUU

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/09/12

ウィーンからのモブログ10

ウィーンからのモブログ10

今日はリンクの東側に広がる市立公園に行ってみた。ここにはウィーンにゆかりの深い音楽家たちの像が、木々の緑の中に点在している。

北の隅にひっそりとたたずむのは、ウィーンに生まれ、わずか31歳の短い生涯をウィーンに生きたシューベルトの像だ。

名誉欲も金欲もなく、生きている間は無名に近い状態で、たくさんの聴衆を集めた演奏会が開かれることもなく、楽譜もほとんど売れなかったという。

そんなシューベルトらしく、花に囲まれた像はつつましく、訪れる人たちもまばらだ。

これと対照的なのが、公園の中心に黄金色に輝くヨハン・シュトラウス像だ(写真)。次から次へと観光客が絶えず、ツァーの団体客もひっきりなしだ。

シュトラウス像を囲んで記念撮影をするグループや、ワルツのメロディーを口ずさむ人たちもいる。

実はこのヨハン・シュトラウス像前の様子は、インターネットのWebCam(www.wien.at/ma42/)によって、世界中からリアルタイムの静止画像で見ることが出来るのだ。

僕も日本にいる時に何時もWebCamの画像を見て、シュトラウス像前の観光客の様子を眺めていた。

実際にここに来てみて気になるのは、WebCamのカメラはどこに設置されているのか、ということだ。

像の前を見回してもカメラらしいものはない。もしかして、これはかなり遠くから超望遠で写しているのかも知れないと思い、200メートルほど後ろの木々の茂みの中を捜してみたら、ほとんど隠しカメラに近い状態で、レンズが据え付けられているのを発見!

ということは、僕がWebCamのカメラを捜してキョロキョロしていた様子は、もしかして世界中から見られていた?

BANYUU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/11

ウィーンからのモブログ09

ウィーンからのモブログ09

歩行者天国になっているウィーン中心部の目抜き通りには、たくさんのストリートミュージシャンたちが、さまざまなメロディーを奏でている。

バイオリン、アコーディオン、チェロ、トランペット、手回しオルガン、2つの楽器の二重奏もある。

オペラ座からシュテファン寺院へと続くケルントナー通りの歩行者天国で、なんと本物のピアノを道路のど真ん中に据えて、ショパンやシューベルトの作品を演奏している若い女性がいた(写真)。

ピアノは小さな車輪の付いた台車にしっかりと固定されていて、演奏中に台車が動いたりしないように路面と台車の間にストッパーを噛ませている。

道路に持ち込める楽器としては最大であろう。こうなると路上演奏会に近いが、投げ銭入れの箱がそばに置いてあるところを見ると、やはりストリートミュージシャンのようだ。

腕前はプロはだしで、次の演奏を始める前に通行人たちに曲名を披露している。一曲終わるごとに盛んな拍手とともに、たくさんの人たちがコインを入れていく。

この女性は日本人のようにも見え、少なくともアジア系のような感じだ。ウィーンの音楽学校の学生か、あるいはピアノの修行中なのだろうか。

それにしても、このピアノはどこからどうやって運んで来たのだろうか。地下鉄やトラムでは運べないしタクシーでも無理だ。

この近くのアパートに住んでいて、音楽を学ぶかたわら、時々こうやって自分のピアノを運んで来て、路上で腕試しをしながら生活費を稼いでいる、なんてのは想像のし過ぎだろうか。

BANYUU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/10

ウィーンからのモブログ08

ウィーンからのモブログ08

ウィーンに来てから今日までに3つの美術館を回ったが、そのいずれでも強い光彩を放っていたのはクリムトだ。

ベルヴェデーレ宮殿上宮のオーストリア・ギャラリーでは、なんといってもかの「接吻」が圧巻だった。

「接吻」はやや照明を落とした部屋にガラスケースに入れて展示されていて、まさにウィーンの宝、オーストリアの宝といった扱いだ。

縦横180センチの正方形の絵は、装飾文様の色彩が輝くような光を放っていて、とりわけ金色は素晴らしい。

この絵の魔術に取り付かれたかのように、休憩スペースの隅で、若い男女の観光客が、「接吻」と全く同じポーズを作って人目をはばからずにキスをしていた。よくやるよなあ。

美術史博物館のクリムトは、展示室に飾られているのではなく、正面階段の上の多くの壁面絵画の一部としてはめこまれているので、とても見つけにくく、遠くから見上げるしかない。

さて僕が今日見に行ったのは、分離派会館セセッション地下のベートーベンフリーズである。

これは剥き出しの白壁の3方向いっぱいにクリムトが描いた壁画で、ベートーベンの交響曲第9番「合唱付き」をテーマにした異色の作品だ。

幸福への望みと戦い、襲いかかるさまざまな不幸と苦悩そして絶望。中でも醜怪なモンスターとその3人の娘の異様な姿は、一目見たら忘れられない。

こうして壁画は最後に、苦悩を超克して到達した歓喜を、クリムトらしく抱き合う男女の姿に象徴させて描いている(写真)。

僕の個人的な好みでいえば、このベートーベンフリーズこそがクリムトの最高傑作だという気がする。

BANYUU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィーンからのモブログ07

ウィーンからのモブログ07

今日は土曜日で、ウィーンでは週に1度の「のみの市」が開かれる日なので行ってみた。

マニアックな骨董品からガラクタ、古着までなんでも売っている。

のみの市が立つ近くには、日曜以外は連日開いているナッシュマルクトという生鮮食品市場街が延々と続いていて、快晴にも恵まれ、このあたりは身動き出来ないほどの賑わいだ。

写真は、「のみの市」とナッシュマルクトが接するあたり。後ろに写っている左の建物はオットー・ヴァーグナー作のマジョリカハウス。その右の建物は、外壁に金細工を施したコロ・モーザーの作。

BANYUU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/09

ウィーンからのモブログ06

ウィーンからのモブログ06

ウィーンでは繁華街でも駅でも、大きな犬を連れている人をよく見かける。

おしゃれな装いの若い女の子が自分よりも体重がありそうな大型犬を連れて、メーンストリートを歩いている。

地下鉄の車内にも、犬はバスケットに入れられたりすることなく、堂々と乗ってくる。犬連れの乗車が社会的に公認されているのだろう。

犬は地下鉄だけでなく、トラム(路面電車)にも乗ってくる。

今日は、ベートーベンが遺書を書いた家があるハイリゲンシュタットに行くまでのトラムに、立派な犬が乗りこんできた(写真)。

地下鉄の場合はホームと電車の床が同じ高さなので、犬も簡単に乗れるが、トラムはステップを上がらなければならないので、飼い主が抱きかかえて、よっこらしょという感じで乗せる。

頭がロバのように大きな犬で、口の回りにクツワをはめられている。狭い車内で吠えたり噛みついたりしないようにという配慮なのだろう。

犬にとっては窮屈ではないかと思うのだが、犬のほうも慣れているらしく、じっとおとなしくしている。

降りる時もまた、犬は飼い主に抱えられて、よっこらしょとステップを下る。道路に降りるとすぐに飼い主はクツワをはずしていた。

珍しがっているのは僕くらいのもので、ほかの乗客たちは日常茶飯事の光景のようだ。

BANYUU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/08

ウィーンからのモブログ05

ウィーンからのモブログ05

今日は朝8時半ごろに、カフェモーツァルトに来てみた。いつも席を確保するのが難しいほど混んでいると聞いていたが、この時間は空いている。

禁煙席はあるか聞いてみたら入り口左側がそうだという。

ウィーンの古きよきカフェはタバコの煙がたちこめているのが当たり前と聞いていたので、入りづらかったが、これはいい発見だった。何ごとも聞いてみるものだ。

早速席に着いて、メランジェとモーツァルトトルテを注文(写真)。メランジェは日本でいうウィンナコーヒーだ。モーツァルトトルテは甘さ控えめのやわらかい味だ。

そこで、カフェモーツァルトの店内から、モブログをしてみることにする。

ここからダイレクトに日本の僕のブログを更新出来るとしたら、たいしたもんだという気がする。

なにせ僕はまだ席にいて、支払いも済んでいないのだ。

BANYUU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィーンからのモブログ04

ウィーンからのモブログ04

ウィーンは連日、快晴が続いている。朝夕はかなり涼しくなるものの、日中は半袖シャツでちょうどいい。

今日は地下鉄とトラムを乗り継いで、フンデルトヴァッサーハウスを目指す。

トラムはN番に飛び乗る。さまざまな駅を通っていくが、30分経っても目指す駅が現れない。

こんな遠いはずはないのだがと、いささか心配になりながら、停留所のポールに書かれている駅名に目を凝らす。

トラムの駅名はとても小さな字で書かれていて読みにくい。それどころか駅名の部分が取れてなくなっている停留所さえある。

どうもおかしいぞ、と思っていたら、なんとトラムは再び最初に乗った停留所に戻ってきたではないか。しかも向きが反対になっていて、さっきと別な方向に進んでいく。

このN番のトラムの路線は数字の6の字型になっていて、一回り円を描いた後で円から離れて進むのだ。僕は最初から反対方向の電車に乗ればよかったらしい。

予期せぬ街の中を進み、こんな光景あんな光景に見とれることが出来るのも、スケジュールに縛られない気ままな旅ならではの醍醐味。迂回なくして何の旅ぞ。迂回なくして何の人生ぞ。

てなことを思っているうちに10分ほどで目的の駅に着き、ぶらぶら歩いていると忽然と目の前に現れたのが、まさに夢のようなフンデルトヴァッサーハウス(写真)。

メルヘンのように美しく、この世のものとも思えない建築物だ。ガイドブックにも写真は載っているが、実物は想像していたよりもはるかに大きくて迫力がある。

これがウィーン市営住宅として、いまも中で多くの人たちが生活しているというから驚いてしまう。

フンデルトヴァッサーはウィーンのガウディなどと言われるが、ガウディよりもさらに童心のような遊び心にあふれているように感じた。

近くにはフンデルトヴァッサーの絵画などを集めて展示しているクンストハウスウィーンという美術館もあって、こちらもたっぷり楽しめた。

このあとは美術史博物館へ向かう。

BANYUU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/07

ウィーンからのモブログ03

ウィーンからのモブログ03

ウィーンといえば何を真っ先に思い浮かべるだろうか。僕のウィーンは、なんといっても映画「第三の男」だ。

今日は午前中、ベルヴェデーレ宮殿上宮に行って、クリムトやエゴン・シーレの絵画を見て回り、午後からぶらぶらとヨーゼフ広場へ行ってみる。

広場の一角に、その建物はひっそりと、そして時の流れが半世紀前に逆流したかのように、存在していた。(写真)

ハリー・ライムが住んでいたアパートという設定で、映画にひんぱんに出てくるパラヴィチーニ宮である。

時たま通り過ぎる観光客も、この建物に注意を払う者はほとんどいない。

このアパートの前でハリーが車にはねられる事故があったとされる広場も、ほとんど映画と変わらない状態で存在している。

死んだはずのハリーが、初めて姿を現すシーンは強烈な印象を与えるが、これを撮影した建物の入り口も健在だというので捜してみた。

事前にネットで調べたところ、これを撮影したのはメルカー・バイシュタイだとあるので、僕はてっきり建物の名前かと思っていたら、これは小さな裏通りの名前だった。

ようやくこのシーンの建物入り口を捜し当てたのは、夕方近く。人通りもなく、なんだか不安になる静けさで、ハリー・ライムがヌッと現れそうだ。

このあと迷いに迷って足のおもむくままに歩いていたら、突然、繁華街のど真ん中に出て、現実に引き戻された。

ケータイで日本のニュースサイトを見たら、紀子さまの男児出産で大変な盛り上がりになっているようだ。

皇位継承順位第3位とあるのを第三の男と読み違えそうになった。

☆☆☆☆☆
ケータイからコメントを書き込めないので、以下はコメントがわりです。
秋葉さん、ありがとうございます。ブログちゃんと見えているようで安心しました。空気が乾いているせいか、空が深い色のように感じます。

BANYUU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/06

ウィーンからのモブログ02

ウィーンからのモブログ02

昨日4日の夜は、長旅で疲れたので、荷物の整理もそこそこに夜10時前には眠りについた。早い就寝のようだが日本時間では朝5時になり、この1日は23時間も連続して起きていたことになる。

朝は7時に起きるつもりが、時差ボケで5時に目が覚めてしまい、そのまま起きて荷物の整理などをして、7時から朝食。

この日はあまり観光はせずに、ウィーンの街の感触をつかむことに重点を置く。

主要な建物の位置関係、スーパーにはどんなものが売られているか、ミネラルウォーターの種類が多くて安いのはどこか、街なかのトイレはどこが使いやすいか、等々。

昼食はローゼンベルガー・マルクトというセルフレストランに行ってみた。思ったよりも広く、大食堂という雰囲気で大勢の利用客で活気にあふれている(写真)。

ウィーンはカフェもレストランも禁煙席のあるところは少ないと聞いていたが、ここは時間にかかわらず全席禁煙であることが分かり、紫煙を吸いたくない僕にとってはオアシスのようなレストランだ。

セルフレストランとはいうものの、注文を受けてから目の前で調理してくれるコーナーもあり、僕は滞在中に何度も通いそうな気がする。

BANYUU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/05

ウィーンからのモブログ01

ウィーンからのモブログ01

グリュス・ゴット!
成田から飛び続けること11時間余り。さきほどウィーンに着きました。

こちらはいま、4日の夕方6時半を回ったところ。日本は日付が変わって5日ですね。

ケルントナー通りのホテルにチェックインして、いまあたりを散策し始めたところで、モブログしてみます。

写真は目の前にそびえ立つシュテファン寺院。まだ陽は明るく、周辺はお祭りのような人出で賑わっています。

ボーダフォンの903SHによる海外からの写真付きモブログ。地球の裏側の僕のブログが、無事に更新されているでしょうか。
BANYUU

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/09/04

まもなく出発

まもなく出発

いま成田の第1ターミナル南ウィングにいる。

セキュリティチェックは時間がかかるものと覚悟していたが、ボディチェックをされることもなくスイスイと通って、間もなく出発だ。

一昨年の西安、昨年のパリに続いて、僕にとって3度目の海外一人旅になる。

モブログはもし出来るようなら、期間中、何度かやってみたい。

モブログに使うケータイは昨年と同じボーダフォンの903SHで、これ一本で写真撮影からブログ記事の作成・送信、さらにブログ閲覧と記事の確認まで、何でもこなすつもりだ。

では現地に着いたら、とりあえず簡単な一報をモブログしてみたい。
BANYUU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/01

「冬の旅」終曲に出てくるライヤーという楽器

そろそろ秋風に誘われて、一人旅に出たくなる時期になった。

旅といえば、古今東西を問わず、さすらいこそが、その真髄であろう。

高速交通機関に乗ってバス付きのホテルに泊まるような旅は、もはやさすらいと言えぬのかも知れない。

だが、そのような時代だからこそ、さすらいという死語になった言葉に、強く惹かれる気もする。

たまたま読んだ本の中に、シューベルトの歌曲集「美しき水車小屋の娘」と「冬の旅」は、いずれもさすらいをテーマにしていて、その雰囲気は対照的だ、というようなことが書いてあった。

何を隠そう、僕は生まれたこのかた、この二つの歌曲集を最後まで通して聞いたことがない。

「冬の旅」と言えば、「菩提樹」しか知らないのだ。

僕のビデオ棚を探してみたら、ヘルマン・ブライがシューベルトの三大歌曲集全曲を歌ったものがあった。

1997年に録画したまま、いったんは聞き始めたこともあったが、なんとなく難解な気がして最初だけで聞くのをやめて、そのままになっていた。

今回、聞いてみたら、歌とピアノが一体となった圧倒的な迫力にしびれてしまい、水車小屋は2回、冬の旅は5回、繰り返して聞いた。

僕はなぜ、何十年もの間、この世界に入り込むことが出来なかったのだろうか。

おそらく、僕にとっては、水車小屋や冬の旅の良さが分かるためには、それ相当の人生を生きる必要があったのだろうと、自己弁解をしている。

冬の旅の中で、とりわけ心を打つのは、1曲目の「おやすみ」と最後の24曲目「つじ音楽師」だ。

‥‥凍てつく氷の上で、だれも耳を傾ける者がいないのに、ライヤーを回し続ける老いた音楽師。

‥‥お盆の中は、いつまでたってもからっぽだ。

‥‥不思議な老人よ、お前について行こうか。僕の歌に、ライヤーを合わせることが出来るだろうか。

この印象的な終曲は、人によってどのような解釈でも可能なようだ。

シューベルト自身と老人とが重なって見える一方では、この老人は人生や老いというものを象徴的に具現しているとも見れる。

このライヤーとは何だろうか、と気になって、ネットで調べてみた。

最近はライヤーという名前で、小さな竪琴のような楽器が作られているが、冬の旅で歌われるライヤーは、非常に複雑な構造をした古楽器だ。

ハーディー・ガーディーという名前の方が通っていて、14、5万円ほどで販売されている。

ここではわずかな間ではあるが、その音色を聞くことが出来る。わびしく、物悲しい哀愁を帯びた音だ。

僕も、さすらいにはほど遠いが、そろそろ一人旅に出るとしようか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »