« ツェッペリンNTの遊覧試験飛行 | トップページ | 30日夜のTBSラジオに注目を »

2007/06/20

年に一度の三吉屋のラーメン

年に一度の三吉屋のラーメン
今年も新幹線に乗って、新潟は三吉屋のラーメンを食べにきた。

以前は毎朝、出勤途中で築地のラーメンをよく食べたものだし、荻窪のラーメン激戦区を食べ歩いたりもした。

そうしたラーメン探究道の果てに僕がたどりついた悟りは、新潟は三吉屋のラーメンこそが、現代の日本でありつける最高のラーメンである、ということだ。

細い縮れ緬に、さっぱり味のスープ。チャーシューにシナチクにナルト、刻みネギ。昔ながらの「しなそば」の味を頑固に守り続けている稀有のラーメン屋だ。

様々なガイドブックで必ずといっていいほど紹介されているのに、店舗を広げるでもなし、改装するでもなし。何年たっても店は質素なままで、店内は4テーブルに相席で20人しか入ることが出来ない。

今日もこんなに混んでいるのに、調理場では店のご主人が一人でせっせとラーメンを作り続けているだけだ。

しかもその合間に、ドンブリを洗うのもご主人の仕事なのには感心する。

次に、ここに食べに来るのはまた来年の今ごろだろう。
僕にとって三吉屋のラーメンは、年に一度の至福の味なのである。

BANYUU

|

« ツェッペリンNTの遊覧試験飛行 | トップページ | 30日夜のTBSラジオに注目を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/15509027

この記事へのトラックバック一覧です: 年に一度の三吉屋のラーメン:

« ツェッペリンNTの遊覧試験飛行 | トップページ | 30日夜のTBSラジオに注目を »