« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007/12/29

物質の起源を探るうちに、初音ミクにハマった!

そもそも、僕は自分がオタクとは完璧に無縁の存在と思っていたし、アニメのキャラやフィギュアに夢中になるアキバ文化は理解を超える現象だと思っていた。

それが‥‥

ことの発端(というほど大げさなものでもないが)は、数日前、別冊日経サイエンスの記事を読んでいる中で、興味深い下りがあった。

簡単に言うと、われわれは物質が質量を持っているのはあたりまえだと思っているが、物質を極限まで細かく分解して、質量の正体を調べていくと、質量のほとんどは陽子や中性子の内部で運動しているクォークやグルオンの運動エネルギーに起因している。

そうでない粒子の質量も、まだ発見されていないある場(ヒッグス場と呼ばれる)との相互作用から生じていて、それであたかも質量を持っているかのように振る舞っている、というのだ。

つまり極限すれば、我々が日常的に、物質にはすべて質量があり、それがモノというものの性質だ、と思っているのは見せかけのことに過ぎないということだ。

あるのは、運動エネルギーや場との相互作用だけであって、形を変えたエネルギーの動きや変化こそが、質量の正体だということだ。

つまり、この世界にはモノは実際には存在しない。あるのはコトの総体であり、現象の積み重ねだけで、それらがわれわれにはモノとして、物質として認識されている。

僕は、物理学の最先端のこの理論は、難解な用語を読んでも理解出来ないが、直感的には、なんとなく分かるような気もする。

これこそが、色即是空 空即是色の真の意味ではなかろうか。

あと一歩で、悟りの境地に達することが出来そうな気がして、僕はネットで般若心経の解釈をいろいろ調べてみようと思った。

そこで、ネットをあちこち見ているうちに、はちゅねミクで般若心経というリンクがあるのを見つけ、アクセスしたらこれがぶっ飛んでしまう面白さなのだ!!

この動画で、般若心経を唱えながらネギで木魚を叩きつづけている女の子は、はちゅねミクとはあるものの、巷間では初音ミクとして、人気急上昇のキャラであることを知る。

ウィキペディアによれば、初音ミクというのは、札幌の会社が8月末に発売した音声合成・デスクトップミュージック (DTM) ソフトウェアと、このソフトのイメージキャラクターの名称という。

発売から間もない9月に、ニコニコ動画に、『初音ミクに「Ievan Polkka」を歌わせてみた』という作品が投稿され、これがきっかけで、ソフトそのものの人気が急上昇するとともに、バーチャルアイドルとしての初音ミクが一気にマニアやオタクの熱い視線を集めることになった。

このIevan Polkkaというのは、ロイツマというフィンランドのグループが歌っているフィンランド民謡『イエヴァン・ポルッカ』のことで、長ネギを振り回す少女のフラッシュ動画によって、06年にネット上に流れて世界的な人気となった。

初音ミクが長ネギを持っているのは、このIevan Polkkaのフラッシュ動画が原型で、これをパロディーに仕立てたニコニコ動画の作品によるところが大きいようだ。

これについては、なぜ初音ミクは長ネギを持っているのかという記事が考察を加えている。

さらに、キャラとしての初音ミクは、先週の日曜日の12月23日、東京・有明で開催されたワールドホビーフェスティバル(WHF)で、最も注目を集めたバーチャルアイドルとして脚光を浴びた。

1月13日には、初音ミク中心ボーカロイドonly eventという催しも川崎で開かれ、参加サークルはもう満員の40サークルになって、抽選で参加権が決まるという。

というわけで、僕は質量の本質と正体について、色即是空の真の意味とともに考えてみたいという、最初の高邁な動機からすっかり外れてしまい、このアンドロイドというかボーカロイドである初音ミクに、すっかりハマってしまった。

フィギュアは3月には発売されるらしいから、僕も買おうと思う。

人気爆発の原点となった、『初音ミクに「Ievan Polkka」を歌わせてみた』を、このブログに貼っておく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/23

朝日新聞号外で振り返る2007年

今年2007年も、残り1週間余り。

去年の「朝日新聞号外で振り返る2006年」に続いて、今年も東京管内で発行された朝日新聞号外で、この1年を振り返ってみよう。

どういうわけか今年は、朝日の号外は去年の8回に比べると、半分の4回しかない(高校野球の地方大会優勝校決定の号外は除く)。

しかも、去年は荒川選手の金メダル、王ジャパンのWBC世界一、甲子園決勝の引き分け再試合で早実優勝、紀子さま男児出産と、うれしい号外が半分を占めたのに、今年2007年は明るいニュースの号外がゼロである。

071223
政治とカネにまつわる疑惑が噴出した1年だった。関係した閣僚の辞任が相次ぎ、5月28日にはナントカ還元水の松岡農相が議員会館で自殺。後任のバンソウコウ農相もまた辞任した。

071223_2
7月16日、新潟・長野で震度6を記録した中越沖地震発生。柏崎刈羽原発が黒煙を上げて燃える光景に、国民は戦慄した。原発内部の損壊は予想以上にひどい状況で、ほかの原発は地震に対して大丈夫なのか、不安が募る。

071223_3
だーかーらー言ったじゃないの。参院選で惨敗した時に辞任すべきだと。世論を無視して居座り続け、臨時国会に臨もうとした安部首相は9月12日、衆院本会議で代表質問が始まる直前に辞任を表明。前代未聞の政権投げ出しに、国民は唖然。


071223_4
安部辞任を受けて9月23日に行なわれた自民総裁選。いよいよわが番到来とほくそえむ麻生幹事長の前に、急遽担ぎ出された福田元官房長官が8派閥の支持を得て逆転、初めての父子2代の総裁に。

その福田内閣も、年末に入って支持率は急落。内外の課題が山積する中で、政治は立ち往生している。

明るい話題に乏しかった2007年は、こうしてモヤモヤと鬱屈した空気に包まれて終わろうとしている。

来年2008年はどんな年になるだろうか。

早ければ年明けに、遅くとも夏の洞爺湖サミットの後には行なわれると見られる総選挙の結果はいかに。

では、どなたさまもどうぞ良い年をお迎え下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/18

今年も残すところ2週間となって‥

Image0111_2ふと気がつけば、もう1月近くもブログを更新していなかった。

今年も、残すところ2週間となった。

例年なら今頃は、パソコンで作成した年賀状に、何か一言を自筆で書き添える作業をしている時期だが、今年はまだ印刷にすら取りかかっていない。

というのは、師走も中旬になってから、全く想定もしていなかった大仕事が入ってきて、それにかかりっきりの日々が続いているためだ。

とりわけ先週末の4日間は、新聞すら読まずに作業に集中的に取り組み、まずは大きなヤマをひとつ越えたところだ。

これから年末年始にかけて、さらにいくつかの作業があるが、仕事の全体像はほぼ見えてきた感じがする。

年明けて、そう遠くない時期に、うまく進めば1月中には仕事が完成する運びなので、その時にはブログや表のサイトでもお知らせしたい。

Image007_2写真は、この話とは関係ないのだが、上は駅のホームから見た夜の教会。

建物が特殊な形をしていて、内部に照明が点くと、外からは教会の窓全体がクリスマスツリーに見える。

下の写真は、新宿地下通路に作られたクリスマス飾りだ。

昨年まではこのような飾りはなかったが、来年6月に東京メトロ副都心線が開通して、この地下通路が新駅と現在のターミナルを結ぶ重要なパイプとなることを意識しての、一味違うデコレーションのような感じがする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »