« ついに登場、映像が飛び出す立体テレビ | トップページ | 『サヨナラ愛しのプラネット 地球カレンダー』が書店の棚に »

2008/01/31

「地球カレンダー」の新しい本が出来ました!

Earthbook2b 去年の師走から、ずっと集中作業で取り組んできた仕事が、ようやく仕上がりました。
 「表」のサイト、「21世紀の歩き方大研究」の中に作っているオリジナルの「地球カレンダー」の単行本化、第2弾です。

タイトルは『サヨナラ愛しのプラネット 地球カレンダー』。英語のタイトルは、『Good-bye beloved planet  Calendar of the earth』です。

 「地球カレンダー」は、4年前に『人間なしで始まった地球カレンダー』というタイトルで、ごま書房から出版していますが、今回はそれから4年ぶりに、ごま書房から全く新しい本として世に出すことが出来ました。

 今回は、カラフルなイラストを散りばめ、だれにも読みやすい絵本スタイルにしました。地球46億年の歴史を1年365日に置き換えて記録した本文は、英文対訳になっていて、外国の方にも読んでいただけるようにしています。

 日本文と対比しながら読めば、英語の学習としても使えます。

 今回の本は、待ったなしで迫り来る地球温暖化によって、人類と文明の存続そのものが重大な岐路に立たされている、という強い危機感を反映したものになっています。

 本文の後には20ページの解説を付け、今日の温暖化を中心とする地球環境危機について、最新のデータで分析を加えるとともに、地球の歴史の中で最も遅れて登場した人間という生物種が、地球とほかの生きものたちに壊滅的な打撃を与えている現状について、詳しく記述しています。

 タイトルの『サヨナラ愛しのプラネット 地球カレンダー』には、さまざまな思い入れとメッセージが凝縮されています。

 都市部の大型書店などには、この週末ころから並べられ、地方の書店にも5日ころには並ぶ予定です。

 書店の店頭にない場合は、取り寄せ注文が出来ます。ネットでの注文は、紀ノ国屋書店ジュンク堂書店セブンアンドワイアマゾンなどでどうぞ。

 書店でこの本を見かけたら、ぜひ手に取ってご覧になっていただけると有難く思います。ではみなさんのご支援をよろしくお願いいたします。

|

« ついに登場、映像が飛び出す立体テレビ | トップページ | 『サヨナラ愛しのプラネット 地球カレンダー』が書店の棚に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/17910405

この記事へのトラックバック一覧です: 「地球カレンダー」の新しい本が出来ました!:

« ついに登場、映像が飛び出す立体テレビ | トップページ | 『サヨナラ愛しのプラネット 地球カレンダー』が書店の棚に »