« フィレンツェからのモブログ09 | トップページ | フィレンツェからのモブログ11・ピサ編 »

2008/05/19

フィレンツェからのモブログ10

フィレンツェからのモブログ10
ミサが行われた教会があるサンティッシマ・アンヌンツィアータ広場は、観光客の喧騒もなく、アーチ型の柱廊に三方を囲まれて、ひっそりと静まり返っている。

教会に向かって右側には、ドゥオーモのクーポラを作り上げたブルネレスキの設計による「捨て子養育院」の建物が、現地は美術館として公開されている。

フィレンツェで興った史上最大の文化・芸術運動であるルネッサンスは、メディチ家という絶大な財力を蓄えたパトロンがあってこそ、燦然と開花することが可能であった。

そのメディチ家の冨の源泉は、ヨーロッパ中に支店を張り巡らせていた金融業で、稼ぎまくったものだ。

キリスト教の教えが戒めている高利貸で巨額の冨を稼ぐことを、メディチ家はずいぶんと気にしていたらしく、多才な芸術家を発掘したり庇護者となったりする一方では、さまざまな慈善事業を積極的に手掛けた。

この「捨て子養育院」も
ある意味では、メディチ家の罪滅ぼしの典型的な慈善慈善で、ヨーロッパ最初の孤児院として知られている。

建物の正面左手には、親が名前や身分を明かすことなく、そっと赤ちゃんを置いていくことが出来る「捨て子のための扉」が、今も残っている(写真)。500年以上も前の、元祖「赤ちゃんポスト」である。

さまざまな事情で赤ちゃんを育てることが出来ない多くの親達が、ここに子供を置いていった。その事情の多くは、貧困がからんでいたことだろう。

メディチ家の巨万の冨や栄華とはあまりにも対称的な、これもまたルネッサンス期の一面に違いないない。

BANYUU

|

« フィレンツェからのモブログ09 | トップページ | フィレンツェからのモブログ11・ピサ編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/41252863

この記事へのトラックバック一覧です: フィレンツェからのモブログ10:

« フィレンツェからのモブログ09 | トップページ | フィレンツェからのモブログ11・ピサ編 »