« フィレンツェからのモブログ23 | トップページ | 「地球カレンダー」と「女の下着」の妙なる関係? »

2008/05/25

フィレンツェからのモブログ24

フィレンツェからのモブログ24
フィレンツェへの一人旅は、これでひとまず幕を閉じる。

さまざまな美術館や教会などを訪れて、ルネッサンスを代表する名作・大作の数々を堪能することが出来た旅だった。

フィレンツェから興ったルネッサンスとは、何だったのか。あまりにも多彩で多様で、僕には理解出来たのかどうか分からない。

あえて言うならば、その多彩さと多様さこそが、ルネッサンスの本質であり、爆発的なパワーの源なのではないか、とも思う。

旅の終わりの写真は、僕が最も印象に残ったミケランジェロ後年の作品、ドゥオーモ付属美術館の「ピエタ」を掲載しておきたい。

ここには「神」は描かれているだろうか。無惨に首を曲げたキリストには、もう奇跡を起こす力もない。キリストの後ろの頭巾を被った老いた人物は、これがマリアなのだろうか。

ミケランジェロが失敗作として、途中で制作を放棄したというこの作品こそ、人間だれもが逃れられない老いと死、苦痛と悲嘆が、あますところなく表現されているように感じる。

フィレンツェからのモブログは、この24回をもってひとまず終わります。

今回のモブログは、123グラムのケータイ1本だけで、写真撮影、画像処理、文章作成、送信、掲載確認のすべてを行いました。使用した機種はソフトバンク・モバイルの920SHです。

最後に、僕の拙いイタリア語を懸命に理解しようと努め、いろいろと親切にしてくれたフィレンツェ、シエナ、ピサ、アレッツオのみなさんに深く感謝いたします。

再びこの地を訪れる日まで。
アリヴェデルチ!

BANYUU

|

« フィレンツェからのモブログ23 | トップページ | 「地球カレンダー」と「女の下着」の妙なる関係? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/41309361

この記事へのトラックバック一覧です: フィレンツェからのモブログ24:

« フィレンツェからのモブログ23 | トップページ | 「地球カレンダー」と「女の下着」の妙なる関係? »