« フィレンツェからのモブログ07 | トップページ | フィレンツェからのモブログ09 »

2008/05/18

フィレンツェからのモブログ08

フィレンツェからのモブログ08
フィレンツェからのモブログ08
今日のフィレンツェは朝から雨だ。傘をさしてサン・マルコ美術館に向かう。美術館として公開されているが、本来は修道院で、展示室も華美な飾りは一切なく、ひっそりとして静謐な雰囲気だ。

この美術館は、ドメニコ派の修道士であり、画僧でもあったフラ・アンジェリコの作品が大半を占める美術館で、中でも代表作として知られる「受胎告知」は、さまざまな画家たちが手掛けてきたこのテーマの絵画の中でも白眉であろう。

その絵は、2階の階段を上がった廊下に、忽然と、さりげなく飾られている。絵の上は、木組みの天井が剥き出しのままになっているのが、いかにも質素で修道院らしい。

僕はキリスト教のことも宗教のこともよく分からないが、この絵のマリアほど深い感動を覚える受胎告知の絵はないと思う。

大天使ガブリエルから告知を聞くマリアの表情は、まさか身に覚えのない自分が神の子を宿すなんて、という半信半疑と驚き。そして、本当だったらどうなるのだろうか、という戸惑いと不安。事の重大さへのおののきと畏敬、等々、マリアの交錯する内面が伝わってくる思いがする。

マリアの両手は胸に当てられているのではなく、無意識のうちにお腹の上に置かれているのだろう。

美術館の中は撮影が出来ないので、修道院の中庭の様子と、館内のショップで買い求めた「受胎告知」の絵の複製を、ケータイで撮ったものを掲載する。

モブログで2枚の写真を同時に送信するのは初めてだ。うまく掲載されるといいが。

美術館を出たら雨は止んでいて、眩しい五月の陽が射してきた。

BANYUU

|

« フィレンツェからのモブログ07 | トップページ | フィレンツェからのモブログ09 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/41240802

この記事へのトラックバック一覧です: フィレンツェからのモブログ08:

« フィレンツェからのモブログ07 | トップページ | フィレンツェからのモブログ09 »