« 「地球カレンダー」の本が環境緑化新聞で紹介 | トップページ | 256年目の金塚地蔵、移転ならず撤去処分へ »

2008/07/13

歯の治療と人間ドックの微妙な関係

0807131a0807132a僕は毎年、同じ医療機関で人間ドックを受けていて、去年までは1週間前に申し込んでも余裕で予約が出来ていた。

今年は、6月冒頭に申し込んだところ、すでに平日は7月末まで予約で満杯となっていて、空いているのは7月の土曜日1日だけ。

今年は企業からの申し込みが殺到しているためという。企業にメタボ検診が義務付けられたことから、ドックが大賑わいとなっているらしい。

仕方がないので7月の土曜日で予約を入れた。

ところが、全く予期せぬことに、その直後から僕の歯の状態に異変が起きて、歯医者通いをする羽目になった。

虫歯でも歯周病でもなく、もっとひどい症状で、30年ほど前に神経を抜いた歯の根っこの処置が不完全で、大量の膿がたまっているというのだ。

麻酔の注射を何本も打ち、抗生物質と炎症を抑える薬を服用して、以降は延々と歯の治療が続くことになった。

この状態で人間ドックを受けても構わないものだろうか。

ドックを実施する医療機関に問い合わせてみたところ、ドックは歯の治療が終ってからにするように言われ、予約日を8月に変更した。

さらに予期せぬことには、歯の治療が進むにつれて、状態が悪くなっている歯は、この1本だけでなくてもう1本あり、その歯も続けて治療をする必要があることが分かった。

2本の歯の治療が終るには、8月いっぱいかかる、というのだ。

そこで僕は、またまた医療機関に連絡して、ドックの予約を9月に再延期した。

歯の治療を受けている人は、誰もがこのようにドックを延期しているものなのだろうか。

医療機関に確認してみると、「膿が出ている場合は、炎症反応としてドックの結果に表れてしまうので、時期をはずす必要があるが、膿が収まっているようならば、歯の治療中であってもドックを受けて構わない」という。

一方の歯科医は、「見えない部分については確実なことは言えないが、見える部分については、とりあえず膿は収まっている」という。

そこでさらに二転三転した結果、人間ドックについては最初に入れた予約日だった昨日の土曜日に、思い切って受診してきた。

僕の年齢になると、歯も含めて体のあらゆる箇所が万全な時期というのは、1年の中でもそうそうあるわけではない、という気がする。

歳を取ってくると、人間ドック一つを受けるのも、なかなか大変なことなのだ。

|

« 「地球カレンダー」の本が環境緑化新聞で紹介 | トップページ | 256年目の金塚地蔵、移転ならず撤去処分へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/41824241

この記事へのトラックバック一覧です: 歯の治療と人間ドックの微妙な関係:

» 歯周病 [歯周病 ガイド]
歯周病の基礎知識や原因について [続きを読む]

受信: 2008/07/15 16:59

« 「地球カレンダー」の本が環境緑化新聞で紹介 | トップページ | 256年目の金塚地蔵、移転ならず撤去処分へ »