« 宮崎駿監督作品『崖の上のポニョ』を観てきた | トップページ | あなたとは違うんです、名言残し首相去る »

2008/08/20

プリンターの寿命が尽き、5年ぶり買い替え

0808201一昨日、ネットの画面をプリントしようとしたら、一向に印刷が始まらない。ネットだけでなく、ワードやメモ帳の文書も印刷できないことがわかった。

USBケーブルを接続し直したり、コントロールパネルからプリンターのプロパティを見たりしたが、原因が分からない。

最初にプリンターを接続した時と同じプロセスで、付属のCDからドライバーをインストールし直してみたが、ドライバーは正常にインストールされているのに動かない。

パソコン側からプリンターの設定を見ようとすると、接続エラーと出る。

ということは、これはプリンターの寿命が尽きた、ということか(写真上)。

購入した日付けを見たら、なんと5年前になっている。これを買い換えたのは、ついこの間のような気がしていたのだが、もう5年も経過していたことを知って愕然とする。

0808202仕方がないので、量販店へ行って、新しいプリンターを買ってきた(写真下)。あらかじめ、価格コムで人気機種やおおまかな価格を調べて、機種を決めておいたので、選ぶのに迷うことはなかった。

これまで、白いプリンターばかり2代続けて使ってきたが、こんどは黒いプリンターだ。そもそもが黒しかない機種というのだが、いまは黒が流行る時代なのだろうか。

困った点は、同じメーカーの同じシリーズの製品なのに、これまで使っていたインクカートリッジが使えないことだ。寿命が尽きるとも知らずに、僕は5000円以上もする6色のインクセットを、2セットも予備として買い置いていたのに、すべてパーになってしまった。

インクカートリッジって、どうしてこんなに高いのだろうか。

今回買った新しいプリンターは、ポイント20%を考慮に入れると、実質1万1000円ほどだった。

プリンターには、もちろん新しい6色のインクカートリッジが付いているが、インクカートリッジだけを別に買うと5000円以上もするのだ。

てことは、新品のプリンターの価格の半分は、インクカートリッジの代金だということ? プリンター本体だけだと、わずか5000円そこそこってこと??

そうか、分かったぞ。プリンターメーカーというのは、プリンターの価格をギリギリまで削って激安で販売している代わりに、そのあと寿命がくるまでの約5年間に渡って、高価なインクカートリッジをユーザーに買わせ続け、それによってガッポリと儲けを確保しているに違いない。

|

« 宮崎駿監督作品『崖の上のポニョ』を観てきた | トップページ | あなたとは違うんです、名言残し首相去る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/42222009

この記事へのトラックバック一覧です: プリンターの寿命が尽き、5年ぶり買い替え:

« 宮崎駿監督作品『崖の上のポニョ』を観てきた | トップページ | あなたとは違うんです、名言残し首相去る »