« 警視庁の白バイに乗ってみたぞ | トップページ | 『箱舟の航海日誌』を読む‥動物たちに忍び寄る危機とは »

2008/09/17

WindowsXPにメモリを増設してパワーアップ

080917僕が使っているパソコンは、富士通のWindowsXPで2003年5月に買って5年以上になる。

量販店の店頭に並ぶWindowsのパソコンは、どれもいまはVistaになっているが、僕はXPのままで不便を感じることもないし、買い替えたいとは思わない。

僕がVistaにしない大きな理由は、僕が使っているさまざまなソフトの多くは、Vistaに対応しておらず、またVistaに対応するバージョンアップの予定もないことだ。

さらに、僕が登録してよく使っているネットサービスの中には、Vistaに対応していないところが結構たくさんあり、Vistaに買い替えた場合に、こうしたネットサービスも利用できなくなる。

というわけで僕は、マイクロソフト社がXPのサポートを終了する2014年までは、このままXPを使い続けていくつもりだった。

ところが、思わぬ問題が生じてきた。それは現在使っているウィルス対策ソフトをバージョンアップしなければならない、という点だ。

僕が使っているのは、トレンドマイクロ社のウィルスバスター2006だ。このサポートが形の上ではすでに去年末で終っており、実際にはまだ自動更新が続いているが、いつ打ち切られてもおかしくないのだ。

2006の使用環境は、メモリが128MB以上なので、僕のパソコンのメモリ256MBで十分に余裕があった。

ウィルスバスターの2007は、必要メモリが250MBというので、まずはとりあえずギリギリのところで2007に無料バージョンアップした。その2007のサポートも、今年12月末で終る予定になっている。

そこでウィルスバスター2008または最近出たばかりの2009にバージョンアップしなければならないのだが、これらの使用環境は512MB以上のメモリが必要ということで、僕のパソコンには入れることが出来ない。

いま店頭に並んでいるVistaのパソコンの多くは、2ギガのメモリが普通で、これに比べたら僕が使っているパソコンのメモリは、わずか8分の1でしかないのだ。

しかし、前述したようなワケによって、僕はまだVistaには買い換えたくない。そもそも、ウィルス対策ソフトだけのために、ほかは何の問題もなく使えているパソコンを買い換えるのは、壮大なムダであろう。

結局、現在使っているXPに、メモリを買ってきて自分で増設する、という方法で切り抜けることにした。

パソコンの機種との適合性をネットで詳細に確認し、バッファローの512MBのメモリを買って、マニュアルを見ながらドライバーでパソコンのメモリスロットを開け(写真)、既存のメモリの隣にセットする。

取り付けは、簡単なようで難しく、試行錯誤の末にようやくカチッとセットできた。マイコンピューターのプロパティを見てみると、メモリは736MBに増えていて、増設は成功!

あとは、ウィルスバスター2009に無料バージョンアップして、一件落着となった。

メモリを増設してパワーアップしたXP。これで2014年までは十分使えそうだな。

|

« 警視庁の白バイに乗ってみたぞ | トップページ | 『箱舟の航海日誌』を読む‥動物たちに忍び寄る危機とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/42507172

この記事へのトラックバック一覧です: WindowsXPにメモリを増設してパワーアップ:

« 警視庁の白バイに乗ってみたぞ | トップページ | 『箱舟の航海日誌』を読む‥動物たちに忍び寄る危機とは »