« WindowsXPにメモリを増設してパワーアップ | トップページ | 人間ドックで異常なし、その3カ月後に突然の »

2008/10/03

『箱舟の航海日誌』を読む‥動物たちに忍び寄る危機とは

Scan028b書店で偶然見つけて手にした一冊の文庫本。そのタイトルだけに惹かれて、思わず買ってしまった。

ケネス・ウォーカーの『箱舟の航海日誌』(光文社古典新訳文庫)である。

聖書に縁遠い人たちでも、どこかで読んだり聞いたりしたことがある「ノアの箱舟」の物語。

しかし、その箱舟の中で、いったい何が起こっていたのかについては、ほとんど語られていない。

この小説は、洪水に備えてノアとその家族が作った巨大な箱舟に、大小さまざまな動物たちが乗り込んでいくところから始まる。

動物が擬人化されて、まるで人間のようにしゃべったり、喜怒哀楽の感情を表しながら、集団生活を始める様子は、平和なメルヘンであり、子どものための童話のようでもある。

しかし、この小説の凄いところは、動物たちの無邪気な箱舟生活の描写にとどまらなず、やがて箱舟の中に生じる微妙な変化と動物たちに忍び寄る危機を、ていねいに描いていることにある。

その変化と危機とは‥これ以上はネタバレになるので書かないが、生きるということの本質的な問題点を鋭く突いて、いまなお私たち人間をも含めて、精神的・思想的な解決のないテーマとなっていると言っていい。

この小説は、さまざまな読み方が出来る。箱舟の中の動物たちの集団は、さまざまなレベルでの人間集団に置き換えることも可能だろう。

家族、地域社会、都市や村、国家、国際社会。箱舟に生じた危機は、もはや危機にとどまらず、幾多の惨劇と破滅をすでに何度ももたらしてきた。

共存や共生ということは、言うは易いが、もしかしてあり得ぬ幻想に過ぎないのかも知れない。

僕は、ケネス・ウォーカーという作者も、この小説のこともまったく聞いたことがなかったが、ウォーカーは第1次世界大戦に従軍し、1923年にこの『箱舟の航海日誌』を書いたという。

作者のそうした体験や時代背景も、作品には色濃く反映しているようだ。

1日か2日で読める長さで、興味を持たれた方にはお勧めしたい。

|

« WindowsXPにメモリを増設してパワーアップ | トップページ | 人間ドックで異常なし、その3カ月後に突然の »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/42671273

この記事へのトラックバック一覧です: 『箱舟の航海日誌』を読む‥動物たちに忍び寄る危機とは:

« WindowsXPにメモリを増設してパワーアップ | トップページ | 人間ドックで異常なし、その3カ月後に突然の »