« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009/06/25

ブログ開設5周年、ではこれにて‥

Photoさて気がついてみれば、今日6月25日をもって僕のブログは開設5周年を迎えた。

ブログを立ち上げた2004年は、もはや遠い昔のことだ。(写真は、開設初日の僕のブログ記事)

開設当時は、まだブログも今ほどには普及しておらず、僕も毎日、見るものすべてがブログのネタになりそうな気がして、せっせと更新に励んだものだった。

それが、何年目ころからか、しだいに息切れしてきて、連日の更新を重荷と感じるようになり、いつしか更新は月に2~3本へとペースダウン。

最近では、月2~3本すら何を書いていいか分からない有様で、慢性的なネタ切れ状態が続いている。

この原因はいろいろ考えられるが、最も大きな要因は、1億総ブロガーとも言える普及によって、僕が書きたいと思うようなテーマは、時事ネタであれ、季節ネタであれ、どれもこれもすでにほかの多くのブログに書かれていることだ。

みんながすでに書いている話を、何をいまさら書くことがあろうか、と思ってしまうのだ。

ほかの人の書かないユニークな視点で書けば、みんなが書いているテーマであっても構わないではないか。

それはそうなのだが、そうした視点すらも、よくよく検索してみると、すでに誰かによって書かれていることがほとんどなのだ。

多くの人が書くようなテーマでなくても、僕個人の身の回りのことがらを身辺雑感として書くだけでもいいのでは、とも思う。

だが、そうしたことがらをブログに書いて公開するのは、なんのためか、と考えていくと分からなくなってしまう。

そんなこんなで、開設5周年を一区切りとして、ではこれにて‥‥としたいところだが、これにてどうするのか。

これにてピリオッドを打つのか、これにてひとまず小休止なのか、これにて次の新たな5年間に進むのか。

これにて‥どうしようかが、決まらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/24

人間ドックの「成績表」を恐る恐る見る

090624人間ドックの検査結果が、「親展」の封筒に入れられて郵送されてきた。

検査結果には「成績表」と書かれていて、中学高校の「通知表」や小学校の「通信簿」を思い出す。

毎年のことながら、ドックの成績表を開いて見る瞬間は、ドキドキもので緊張する。

まずは「有難く拝見させていただきます」という感じで手を合わせてから、おそるおそるページを開いていく。

ふむふむ。ほうほう。なるほど。

やはりそうなのか。へえ、意外だなあ。おお、これは‥‥。

うーむ、これならば、ま、いっか。

これからの課題と問題点は、これとこれか。

しかし、なんだねえ、医食同源というが、何を食べるかということが、いかに重要かということなのだなあ。

人間とは、自分が食べてきたものの総体なのだ。

ということで、この「成績表」を手元において、また次のドックまでの1年を、やわやわと静謐に生きてゆくとするか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/13

ゴマ塩から塩分だけを除去する超簡単な方法

0906131余はこのところ、血圧を下ぐる食品を意識的に摂取するように努めてゐる。

椎茸、たまねぎ、黄緑野菜、帆立、等々なり。

中にても、胡麻は血圧を下ぐるのみにあらず、心臓にも良しといふなれば、日常的に胡麻を摂る方法をあれこれ試みたり。

手っ取り早きは、市販のゴマ塩を買ひきて、白飯に直接振りかけて食らふなり。

問題は、胡麻を多く摂ろうとして、ゴマ塩を多く振れかけば振りかくるほど、胡麻のみにあらず塩も多く摂ってしまふなり。

胡麻は血圧を下ぐるが、塩は血圧を上ぐ。この矛盾にいかに対処すべきならむや。

ゴマシオの中より、シオのみを除去する易き方法はなきものならむや。

さて余がハタとひらめきしが、余の家の台所に置きてある、すてんれす製のざるなり。

流しの上にて、ざるの中にゴマ塩を振りて入れ、ざるを揺すりてみる。

0906132おお、ざるの目より小さき塩粒がどんどん落ちていき、その一方にてはほとんどの胡麻はざるの目より大きなれば、落ちざりて残りたり。

かように、げにしんぷるなる方法によりて、余は市販のゴマ塩から8割以上の塩を除去することに成功しき。

白飯に振りかけて食らへば、大量の胡麻と、はつかに残りし塩とによりて、いみじう美味にして、健康的なること、この上なし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/02

我が家の居間でスイカを栽培する

090602鉢植えの植物といえば、僕はアサガオしか買ったことがないのだが、とあるスーパーに隣接する花屋の前に、スイカの鉢植えが1鉢だけ置いてあるのを見つけた。

しかも直径10センチほどの紅小玉スイカの実がついている。値段は、と見ると1300円と手ごろだ。

--水遣りはどうすればいいんですか。

「朝に1回やればいいです」

--このスイカは食べられますか。

「もちろん食べられます。もう少し大きくなりますので、その頃が食べごろです。あと2個くらい実をつけますよ」

というわけで、僕はスイカの鉢植えを買って、歩いて30分ほどの距離を慎重に運んで家に持ってきた。

室内の日の当たる場所に置いて、しげしげと見てみると、つぼみが10個ほどはあるようだ。

晴れた日にはベランダに出そうと思うが、せっかく大きくなっている実をカラスなどの野鳥たちに食べられはしないか、などと心配にもなる。

梅雨入りになったら、普段は室内に置いておいて、晴れ間を見てベランダに出すことにしよう。

カラスなどに食べられる前に、この実はしっかりと僕が食べたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »