« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009/07/29

金塚地蔵を撤去せし後、北新宿の街はいま

0807152_2二百五十六年余を遡る宝暦二年に造られ、北新宿の地にて百二十一年もの長きに渡りて、地元民の信仰集めたりける金塚地蔵(写真上)の、去年七月東京都の道路拡幅にて居地を追はれし出来事から、はや一年が経ちにけり。

金塚地蔵は、禁煙にご利益があるにて知られ、新宿区内のあちこちに建てられたる史跡案内板にもいまだ掲載されたるが、撤去後のご本体は近くの神社の倉庫に保管され、新たなる居地の定まらむ時をひっそりと待ち続けたり。

かつて地蔵堂を組み込みたりし金物屋(写真中)は廃業し、お堂もろともひたぶるに取り壊され、道路拡幅の整地作業も終わりぬ。080715_2金物屋なくなりし後には、残りしわずかなる土地に、新たなる建物建てられ、その前には、消費者金融の自動申込機や飲物の自販機並びたり(写真下)。

お地蔵さまは棄却さるる直前に、新宿区によりてかろうじて延命さるる運びとなりしが、お地蔵さまの新たなる居地をいかにすべきかは、地元民しだいなるとして、区のみが先走って動くは適当ならずとの立場なり。

この地と地元民を見守り続けたりける金塚地蔵なくなりし後、このあたり一帯の雰囲気ひたぶるに変はりにき。良く言はば近代的・効率的、悪しく言はば殺伐として潤ひなき街になりぬ。

0907291地蔵菩薩は昔から、濁世にもがき悩みながら生くる衆生の痛みと悲しみを、自らが身代わりとなりて一身に背負ひ続くるによりて、諸人の苦悩と惨禍を和らげ、癒すとされ、皆人に親しまれ慕われし存在なり。

そのお地蔵さまを追ひ出しおきて、新たなる居地を見つけむともせざる今の我々は、なでふ恩知らずにて身勝手なる存在ならむや。

二百五十六年の歴史を蹂躙する仕打ちを行なひて、平然としたる現代びととは、いかなる厚顔無恥なる存在ならむや。お地蔵様を後世に残す能わざる我々は、後世に顔向けせられむや。

消費者金融の自動申込機建つる空間あらば、いかで地蔵堂を再建する空間の見出さざるや。

余は、この有様をいかんともせられざる己の非力を、ただただ恥じ入るのみなり。

【過去の関連記事】
05年5月23日
08年4月18日
08年7月15日
08年7月23日
08年7月24日
08年7月26日

【この後の関連記事】
10年7月23日付け

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/24

大暑過ぎゆきてお年玉を貰ふ

090724衆院もようよう解散し、日食騒動も終りて、すずろに一息つきたるこのごろ、とうと忘れおりしことをふと思い出しき。

今年のお年玉付き年賀はがきの当選番号を、余は未だ点検したらず。もしや、交換期限を過ぎたるにやあらむ。

調ぶりてみなば、危うきところなりしが、交換期限は七月二十七日となりたりて、かろうじて間に合ふべし。

とはいへども、一枚も当たらざりしかば、期限に間に合ふらむとて何の意味のあらむや。

ねっとで番号を調ぶれば、四等の切手しーとが二枚当たりたりき。さっそく郵便局に行きて、貰ひてきたり。

大暑も過ぎにし後、季節外れのお年玉にてはあるが、毎年のことながら、ささやかに嬉しきものなり。

さるほどに、つらつら考えみれば、あと三箇月と一週間ほど経ちなば、来年二〇一〇年の年賀はがきの発売ならざらむや。

来年の干支は何ならむや。今年が丑なりければ寅にこそあらめ。

年賀状の絵柄を如何にせむか、そろそろ考へねば、など思ひなやめるは、いかに心ばやなる余にても早過ぐるなりや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/16

自宅栽培の西瓜、熟し過ぎなれど食らふ

0907161余が自宅にて栽培したりし鉢植ゑの西瓜は、直径十せんちめえとるほどなりし実が、ちかごろの猛暑にて日に日に膨らみ、そろそろ食べごろならむやと、心待ちにしたりき。

ところが今朝見たれば、いでや西瓜の実は熟れすぎて自づから弾け裂けたるではなしや。

驚き慌てて、鉢植ゑから実をもぎ取り、子細に見てみると亀裂は一面にわたりたりて、あたかも浜辺での西瓜割りにて叩かれし直後のさまのごとし。はたまた、西瓜にて作りし化け物の如くにも見ゆ。

虫が中に入りたりなからむか、腐りたらざらむか、とあれこれ思案しつつも、ともかくらっぷに包みて冷蔵庫に入れき。

0907162とばかり経ちて、冷蔵庫より取り出すと、西瓜はほどよく冷えたり。

皿の上に置きて、亀裂に沿ひて手にて割りてみると、中心に近きところはほとんど熟し過ぎの状態にて、どろどろに溶けにたり。

されど、やや外側の皮に近きところは、未だ溶けるには至らず、食べられむとぞ思ふ。

すぷーんにてすくひて口に入ると、甘かりて美味し。さくさくと、やがて可食部分をひとへに食べに食べ尽くせり。

自宅にて栽培せし鉢植ゑの西瓜の味は、こよなくありき。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/07/04

朝顔市より一足早く鉢植えを買ふ

090704_2今年も朝顔市の季節となりぬ。

余のぶろぐを振り返りて見れば、二〇〇四年と二〇〇五年は入谷の朝顔市に行きて、鉢植えを何個か買ひて持ち帰りてきたり。

二〇〇七年は、朝顔市の期間中、余は旅行をしたりて入谷に行かれざりしかば、八月になりてから通販にて朝顔の鉢植えを入手しけり。

去年二〇〇八年は、さみっと警備の故に入谷の朝顔市の日程がいみじう後倒しに変更と相なり、鉢植えは百貨店やすーぱーの花売り場にて買ひけり。

ここにて抜けたるは二〇〇六年なるが、この年の朝顔は買いけりしか買わざりけりしかが余の記憶にあらず。ぶろぐでも何故か一切触れざりき。

さるほどに今年は入谷まで出かけ行きて、鉢植えを買ひし後に電車を乗り継ぎて持ちて帰る体力もなし。

数日来、近場にて鉢植えを手に入れられざるものか、物色を続けしところ、新宿西口のこんこーすに面せし花屋に売りたるがありしが、一鉢五千円もすなり。とても余の財布では手が出ざりき。

そのあと、すーぱーの花売り場に寄りしところ、一鉢九百八十円にて売りたるを見つけ、早速二鉢買ひにけり(写真)。

先日買ひし西瓜の鉢植えの隣に並べてみんとする。例年通りならば、これより十一月つごもりまで咲き続けていくべし。

たかが朝顔、されど朝顔。一年の後半は、朝顔とともにあり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »