« 空は秋の雲、総選挙の行方はいかにや | トップページ | 中央線高架の側面に、不思議の壁画現はる »

2009/08/23

期日前投票に行きて出口調査責め

090823衆院選の投票日まで一週間となりぬ。

投票日に行列をなす煩雑を避けむとて、余は近年、どの選挙にても期日前投票をなすを常とす。余の住む処は、うれしはづかし花の東京一区なり。

今日は日曜日なるが、期日前投票をせんとて、分庁舎に往きたり。

どの記載台にも、備え付けの鉛筆が数本ずつ置きてありしが、新型いんふるえんざ流行の折から、大勢が触りし鉛筆を手にするは、何となくためらはるるなり。

受け付けに居並ぶ係員らに「余が持ちたるぼーるぺんにて記載したし。これ構わぬや」と問ひたれば、年経る男の立会人たち、「備え付けの鉛筆使わざるべからず」と云へり。

「いかでぼーるぺん使うこと能はざるや。公選法にさようなる規定ありや」と尋ぬれば、立会人、「備え付けの鉛筆使うべし」と繰り返すのみなりけり。いかにも石頭といふ風体なり。

さるほどに、をんなの若き係員、電話にて選管に問ひ合わせしかば、「持ちたるぼーるぺんにて、いささかも難なく候由」と云へり。これにて落着となりけり。

選挙区、比例区、最高裁裁判官国民審査の順に、三つの投票箱を回りぬ(写真)。

投票を終へて外に出たるや間髪を入れず、報道機関の出口調査をせむとて待ち構えたるが、余に投票内容を尋ぬるありて大いに驚けり。

それも一社のみならず、TBS、NHK、共同通信の三社から次々に調査票を渡され、選挙区は誰に投票せしや、比例区はどの政党なりしや、普段支持する政党はいずこなりや、などの記載を求められたり。

すでに期日前投票からして、かように競うて出口調査を行なふを見れば、政権交代に向けて高まる巷間の熱気ひしひしと伝はり来れるなり。余はいずれの社に対しても快く回答せしことは云ふまでもなし。

|

« 空は秋の雲、総選挙の行方はいかにや | トップページ | 中央線高架の側面に、不思議の壁画現はる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/46006684

この記事へのトラックバック一覧です: 期日前投票に行きて出口調査責め:

« 空は秋の雲、総選挙の行方はいかにや | トップページ | 中央線高架の側面に、不思議の壁画現はる »