« 期日前投票に行きて出口調査責め | トップページ | 選挙結果は痛快の極みにして快感なり »

2009/08/28

中央線高架の側面に、不思議の壁画現はる

090828ここ数日、東京は真夏日から解放されゐたるが、今日は灼熱の炎天戻りにけり。

新宿から大久保に至る中央線の高架側面に、くすしき大壁画、俄かに現はれたりけり(写真)。しばし暑さを忘れて見とれざること能はず。

やうやうなる建物の影の、橙色や灰色にて延々と連なれる様、いみじうシュールにて幻想的なり。

影の下に翠色にてあるは、樹木あるひは草木なるや。

上方には青色にて、人の顔を模りたるあやしき形、記号のやふなる模様などのイラスト、これまた延々と連なれり。

影を主役とせるこの大壁画の上に、午後の日差しによる本物の電柱の影の重なりて、いよいよ虚実混じり合ふ不思議の光景とはなりぬ。

この壁画を描きしはいかなる人々なるや。何の説明文も書かれざりしが、かへって見る者をして自由なる空想に誘へり。

人間たちの、壁画の中なる影の街に住めるあらば、余らのうつつの街こそ、影の街と映れるならめ。

影がまことの世界なれば、うつつの世界ぞまた影なる。いずれか異なるところあらむや。

|

« 期日前投票に行きて出口調査責め | トップページ | 選挙結果は痛快の極みにして快感なり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/46052127

この記事へのトラックバック一覧です: 中央線高架の側面に、不思議の壁画現はる:

« 期日前投票に行きて出口調査責め | トップページ | 選挙結果は痛快の極みにして快感なり »