« デルヴォーの幻想的エロスに陶然となりき | トップページ | 家の近くに新たなるスーパー開店せり »

2009/10/03

雲居よりこぼるる仲秋の名月

091003moonけふは旧暦八月十五日にして、こよひは仲秋の名月なれば、いくたびも空を見あぐれど、雲厚くして月はえ見へざりき。

あきらめかけ居りしに、夜半近うなりて雲居よりはつかに月影のこぼるる時ありき(写真)。

月みれば ちぢに物こそかなしけれ わが身ひとつの 秋にはあらねど(大江千里)
月やあらぬ 春や昔の春ならぬ 我が身一つは もとの身にして(在原業平)

前者は、直線的に心に響く歌なり。「わが身ひとつの 秋にはあらねど」に思ひのたけ切々と込められたり。

後者の方は、はるかに複雑なる構造せり。

月も春も変はりけるやふに覚ゆ、と詠嘆的に歌ひしと見へて、まこと変はりたりけるは、「我が身」の方なり。

さるを、我が身のこと「もとの身にして」と、あへて逆の表現にて云ひ切りける切なさこそ、この歌の時代を超へて親しまるる所以ならめ。

--------------------

その昔、コペンハーゲンに出かけし男ありけり。

リオ見れば 知事は物こそかなしけれ わが身ひとつの 責にはあらねど(詠み人知らず)

|

« デルヴォーの幻想的エロスに陶然となりき | トップページ | 家の近くに新たなるスーパー開店せり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/46385734

この記事へのトラックバック一覧です: 雲居よりこぼるる仲秋の名月:

« デルヴォーの幻想的エロスに陶然となりき | トップページ | 家の近くに新たなるスーパー開店せり »