« ショップ99がローソン100に早変はりせり | トップページ | ばくだん丼を食らひて、名前の由来を詮索す »

2009/11/19

深夜、電蓄の電源独りでに入りて切ること能はざる怪

0911193奇怪なることのありつるものかな。

深夜に消灯せんと暗くしたるに、部屋の奥に赤々と光る二つのランプあり。

何ごとの点灯せるやと見れば、電気蓄音機の電源ランプぞ光れる(写真)。

こはステレオコンポなんどと云ふやうなものにあらずして、LPやEPなどのレコードを聴かんがための、レトロなる電蓄なり。

余はここ数か月、電蓄の電源入れしことなく、この日も電蓄周りのものに触れたる覚え全くなし。

いかで電源オンとなりしや。独りでに電源の入りけること、在り得るにや。

驚きはこれに留まらず。あなや、電源を切らむとすれど、電源切ることえ能はず。

そもそも電源スイッチのオフなる位置にて、電源ランプの点灯せらるるなり。

スイッチひとたびオンにして、オフに切り替へたれば、ランプ消ゆるらんとて、何度か試みたれども、微動だにすることなく、点灯せるままなり。

いかようにても電源切ることの能はざるは、げに恐ろしきことなり。

こが電蓄なるはまだ危険少なからんが、電熱器や電気ストーブなどの勝手にスイッチ入りて、切ること能はざれば、火災にもつながりぬべし。

電源ランプ入りたるを放置して就寝するわけにもゆかず、重き家具をかろうじて動かすなどしてコンセント抜き、からくもランプの消ゆるを得たり。

コンセント差し込めば、依然としてスイッチの位置オフなれど電源ランプ点灯する状態、いまなほ変はらず。

怪なり、奇なり、不可思議なり。

|

« ショップ99がローソン100に早変はりせり | トップページ | ばくだん丼を食らひて、名前の由来を詮索す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/46803589

この記事へのトラックバック一覧です: 深夜、電蓄の電源独りでに入りて切ること能はざる怪:

« ショップ99がローソン100に早変はりせり | トップページ | ばくだん丼を食らひて、名前の由来を詮索す »