« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010/01/26

映画『アバター』に投影せるベトナム戦争の影

100126_2劇場にて映画を観つるは一昨年夏、『崖の上のポニョ』が最後なりき。

以来、1年5カ月以上に渡りて、映画館とは無縁なりたるに、このたびチケットの貰ふことありて、『アバター』を観てきたり。

余が観たるは3D上演館にあらずして2Dなるに、これまであまた観つるいかなるSFやファンタジー映画をも遥かに引き離しおりて、こはまさに映画の革命にてあらむとぞ覚ゆ。

これまでの映画は、いかに優れたるSFXやCGを駆使したれども、作り物なるを前提としたり。

されど、ジェームズ・キャメロン監督の、その壁を突破せるによりて、不可能を可能となし、映し出される映像世界は、観る者にとりて、まがふことなく実在せり。

驚異のテクノロジー駆使するを持ちて、「実在」との区別つかぬ世界の創出すること可能なれば、うつつの世界の我らが生きるなるは、まことに実在すなるや、との疑念ぞ浮かぶ。

我らが五感によりて得たる情報の総動員するに、からうじてこの世の実在信ずる程度のものなれば、こもまた何者かによりて「実在」を創出せられたりける可能性の、はたしてなきにや。

『アバター』は、視覚的な実在感のみならず、ストーリー展開また強烈なる説得力ぞ持ちたる。

この説得力と現実感覚なむ、キャメロン監督の意識せるとせざるとに関わらず、ベトナム戦争の影の投影したりけるところ、少なならずと余は見たる。

地球人側の軍用航空機の、あへてベトナム戦争時代の外観に似せて作られたるぞ、アメリカ軍のイメージを際立たせたる。

しかして、パンドラの住民ナヴィたちの、地球人による容赦なき爆撃にさらされ、炎上・破壊されつくさるる様、かつてのベトナムの人々の姿に、二重写しとなりて、胸にひしと迫る思ひ禁じ得ず。

パンドラの森林は、ベトナムの密林ならむ。

ラスト近く、惨憺たる格好にて地球へと引き返す敗北部隊の姿こそ、サイゴン陥落の直後、屈辱の撤退を世界中のテレビにて映し出されたりけるアメリカ軍の姿なれ。

『アバター』は、5光年離れたる遠き異星が舞台なれど、この攻防、われらが地球にてはすでに繰り広げられたりける現実なるが悲しけり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/18

新型インフル予防接種を受けたり

新型インフルエンザの予防接種を受くるには、いかにすべきなりや。

かかりつけ医院に問ひ合はせたれば、区からの通知待つべし、と云ふ。

1001181a区に問ひあはせたれば、ホームページにて接種方法などの告知するを見るべし、とぞ。

年明けから、区のホームページあまたたび見ては見つ。されど接種可能なる医療機関の一覧に、余のかかりつけ医院は見当らず。

接種可能なる医療機関の多くは、なべて「かかりつけの方のみ」と書かれたり。

1001182a

いかにせむと思案するに、かつて一度なりとも受診したる医院には、当時の診察券のいまだに手元にしあれば、「かかりつけ」と名乗る資格あるらむ、と思ほゆ。

けふ、診察券ある医療機関に電話して、診察券番号と名前を云ひつつ、新型インフルの予防接種を受けたばや、と問ひてみたり。

いでや、「接種可なり。とく来られよ」と云はるる。

かくありて、けふは念願なる新型インフル予防接種受けて来たり。接種後、ワクチンのロット番号と製薬メーカー名の書かれたる証明書を渡さるる。

季節性インフルのワクチンは、去年11月に接種したりければ、新型と季節性あはせて無敵の構へなるべし。鬼に金棒のやうなる気分にて、すがすがし。

さりとても、マスク、手洗ひ、うがひは、ゆめ怠るべからずと、なほも自戒解かずなり。

新型インフル流行の沈静化するは、いつのことならむや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/07

京王の駅弁大会にて伊勢海老弁当をゲットす

1001073

駅弁大会と云へば、京王デパートにて新春に開催されるが元祖なるらし。

十年ほど前までは、余もすずろに赴きて、鴨ロース肉弁当なんどを購ひつることもありき。

されど、年経るごとに人の混雑すること、あまりの度を過ぎぬれば、このところひさしく敬遠して行かざるやうになりぬ。

1001071a今年も新聞折込に、賑やかなるチラシぞ入りたる。見れば七日が初日とぞ。

食はまほしと覚ゆる駅弁、チラシにあまたあれど、混雑を思ひて当初はあきらめおり。

さるをけふの昼、たまたま二十分ほど空く時間ありて、しかも京王の近くを通れり。

はつかの時間に購ふことの得るやはと思えども、ともあれ初日の会場を覗きてみむとす。

会場は、いみじうあまたの人の殺到するところにして、通ることも身動きすることも、え能はず。

見ゆるは、なべて人の頭のみなる混雑の中、遠くに「伊勢海老」と書かれたる案内札の目に入れり。

群集をかきわけかきわけ、近づきてみれば、ロープ張りめぐらせる端にて整理券配りおり。

整理券受け取りて列を進むほどに、いでや、「伊勢海老弁当」の売り場にぞ辿り着ける。

こは伊豆急下田駅の「伊勢海老弁当」なりて、チラシには「良年祈願おめで対決!」と書かれたり。今大会の目玉なる弁当にして、価格は1400円なり。

思ひもよらず少なき待ち時間にて、ゲットすること叶ふは幸運なりけり。

夕食に、こを食らふ。小ぶりなれど伊勢海老の半身まるごと入りて、目出度き気分す。

さざえの煮汁にて炊けるてふ米飯の上には、金目鯛の西京焼き、そぼろ、ひじき、青海苔が載り、わさび茎の三杯酢漬け添へられたり。

美味なることこの上なし。なにとはなしに、春から縁起良き心地なむする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/01

畏みて初春を寿ぎ奉る

Banyuua_2

あらたまの年立ちぬれば、めでたきこと、なのめならず。

ここにかしこみて、はつはるを寿ぎ奉る。

けふは空のけしきもうらうらと、いとめずらしき心地す。

今年はいかなる年になるらむや。

世の中の平穏安泰にして、われもひとも無病息災に、日々つつがなく過ぐすことの能ふを、願ふのみなり。

2010年は、2000年代最初の下二桁の年なり。

下二桁の年はこの先、2099年まで延々90年間続くべし。

今年の後に来たらむ寅年は、下二桁の年代の間に7回ありて、21世紀最後の寅年は2094年とぞ。

人類のその時まで存続せしかばの話なるを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »