« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010/03/29

などてか惹かれる素数とリーマン予想

100329aちかごろ、いかなるにや、素数なることの、物狂ほしう心置けり。

そも発端は、2月1日付け朝日新聞なる綴じ込み特集ページに、未征服の最高峰「リーマン予想」の裾野を歩きてみむや、てふ記事ぞ載りたるがきっかけなる。

横書きなる記事中に、かたげなる数式のあまた並びおれるを、なにげに目をやりつれば、「自然数に関する和の無限数列の、素数に関する積の無限数列にてぞ表すこと能ふなる」と書かれたるに、くぎづけとなれり。

いでいで、こはまことなるや、と数式凝視すれば、自然数の順に並びおれる無限の+の、素数の順に並びおれる無限の×になむ、イコールにて結ばれたる。

2 3 5 7 11 13 17 19 23 29 ‥‥と、素数の無限に存在せるは証明されたりけるに、並び様はいと不規則にて、間隔も定まれる法則なきものなるに、かくなる素数の、自然数に関する和にて示さるるとは、驚きを通り越し、恐ろしくも怪しの不思議なるぞかし。

オイラーの発見せる自然数と素数の関係式の、そののちにリーマンによりてさらなる掘り下げと一般化せられたりて、「リーマン予想」なる世紀の難問ぞ提起せられたる。

こぞの年は、リーマン予想から150年目なるに、世界の天才たちあまた挑みたりけるも空しく、いまだに未解決のままなるとぞ。

余はたまたま、こぞの11月にBSハイビジョンにて放送されける「リーマン予想・天才たちの150年の闘い」てふ番組、録画したりけるが、そのまま観る機会なく放りおけり。

かつて放映されしポアンカレ予想の番組の、いみじう面白ければ、このたびのリーマン予想の番組もいかでか面白からざるにや、と思ひて先日、こを再生して観たり。

世界最高の頭脳たちの、リーマン予想に挑戦せるも果たさずして、あるものは廃人のごとくなり、あるものは精神の重き病にかかれるなど、この予想のいかに難かるにやを物語れり。

かくして余は、リーマン予想とはなんぞやの、おほまかなる概要のみにても知りたばやと思ひ、一般向けの入門書・解説書のたぐひなむ購ひ来て、読み始めたるばかりなる。

素数のあまりにも蠱惑的にして人をとらへて離さざるは、妖艶なる傾城の如し。

リーマン予想のあまりにも難解にして人を寄せつけざるは、巨怪なるモンスターの如し。

そのリーマン予想こそ、素数の根源的なる秘密の前に立ちはだかる難攻不落の守護神ならめ。

素数の真の姿、素数の正体は、この世界の構造・仕組み・真理と密接不可分なるらし。

そは、数学にとどまらず、素粒子や量子のふるまひ、さらには空間やエネルギー、はたまた宇宙とは何ぞやなる深遠にまで関わるとぞ。

かくするうちにも、リーマン予想解決の大ニュースの、世界を駆け巡ることの、あながちになきにしもあらぬを。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/03/22

東京の桜開花、神田川はなべて蕾なる

100322a東京の桜ぞけふ開花せると、気象庁の宣言あり。

こぞより1年遅く、平年より6日早かるとぞ。

神田川沿ひはいかにや、とすずろ心に見に行けり。

つぼみのピンクに膨らめるはあまたありたるに、花の開けるはいと少なし。

やうやうに目を凝らして、からうじて1本の樹に2、3輪の開花を認むるところなり。

なべて、一両日中に咲きはじけむとする風情にて、この週末あたりは見ごろなるらむ。

これから毎日のやうに、神田川をありきて、咲き乱れて後やがて散りて、葉桜になりつらむまでを見まほしう覚ゆれど、空模様ぞ気にかかれる。

明日は曇り、明後日と明々後日は冷たき雨なるとぞ。

花に嵐とは言ふものなるを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/18

己のライフスタイルも事業仕分け進みたり

100318aけふは彼岸の入りなれど風冷たし。

いつしか歳を経ぬれば、おのずからライフスタイルなむ変はりたりける。

先月まで余は、おおかたの日々、スタバなどのコーヒーショップにしげく通ひて、新聞なんどを読みつつ時を過ぐせるを日課とせしを、ちかごろは自宅にてドリップコーヒー入れること、あまたたびになれり。

ドリップコーヒーは香りいみじう良く、しかも安上がりにて、落ち着くことこのうへなし。

ひとたびこの味知りては、もはやスタバなどに行くこと、よもあらじとぞ覚ゆ。

コーヒーのみにしもあらず。気がつけば、余はおおかた無意識のうちに、己のライフスタイルの事業仕分けぞ進めたりける。

大戸屋などの外食産業の利用、とみに減りて、スーパーや惣菜屋などの「中食」用ひる機会、いみじう増したり。

けふからは、長年続けたりけるN新聞の購読、止みにけり。

N新聞は、余は経済記事読むより、文化記事の時たま秀でたるを好みて、切り抜きなどせるが、さとても月に2、3本のことなれば、止みてもさして不足のなからむにや。

数年前まで、余はA紙、Y紙、M紙、N紙、日刊スポーツの計5紙をも購読したりけるが、いまにして思へば読む時間のよくぞありけるにや、と驚きなるぞよ。

新聞はけふからA紙のみとなりけり。

ドリップコーヒーの香に浸りつつ、時の流れに追はるることのなきに、1紙を熟読するもまた愉しからずや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/12

三菱vs住友、新宿再開発の陣 3カ月経ちて今は

100312c新宿の西端、青梅街道の北側にて、三菱地所と住友不動産の両雄相撃つ熾烈な再開発合戦のことをば、去年12月8日に記せり。

余はそののちも、をりに触れてこの辺をありき続けおるに、三菱地所の当初大きく出遅れたる感ありけるが、猛追目覚しく、やうやうにして、両者互角の戦いとなりたるとぞ見ゆる。

3月に入りてからは、建設の中核担へる大型クレーンどもの、おのおの自力にて天に向かひて進捗を続け、大枠の鉄骨なむ、日増しに高くなりゆける。

建設工事の様は、余のベランダからも望めるやうになりて、中央線の車窓などからも、両軍のクレーンの林立せる景色、さやかに望むこと能ふ。

100312a写真は、上が去年12月の様なりて、下が同じ位置よりけふ撮影せる工事の様なり。

左が三菱地所、右が住友不動産なるぞかし。

三菱地所軍勢の建設担ふは鹿島建設、住友不動産軍勢の建設は大成建設と鴻池建設の共同体なりて、こはゼネコンの戦にてもあるは、いみじう興あることかな。

新宿新都心地域の超高層ビル、いまはあまた建ち並びたるといへども、かやうに近う向かひ合ひて、同時に建設の進みたりけるはこれまで例のなかりしことなり。

この再開発合戦の一大景観を呈するは、新宿の変貌の象徴とぞ覚ゆる。

竣工予定は、三菱軍勢が来年の6月30日、住友軍勢が同じく来年の8月30日なるてふに、このあたり一帯の新たなる都市とて生まれ変はるらむこそ、待ち遠しけれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/06

スーパーのチラシ掲載ステーキ肉、間一髪ゲットす

100306b_2スーパーのチラシ、週末はあまた新聞にぞ折り込まれたるを、余はひごろ仔細に見ることもなかりける。

たまたま一昨日のチラシに、「オーストラリア産牛サーロインステーキ肉160g以上398円」とあるが目にとまり、「6日限り」の文字になむ、いみじう心動かされたる。

販売は昼の11時半ごろから12時半ごろまで、と書かれたるを見て、けふ散歩がてらにスーパーを訪れり。

ときしも11時半なりて、いづくに売りたるやと店員に問へば、こちなると指せり。

いでや、売り出し開始の刻なるに、見ればはや5枚の残るのみなり。

余がとく2枚をかごに入れたれば、残る3枚もすみやかに他の客の手に取られて、早々に完売となれり。

100306a間一髪、ゲットせるサーロインステーキ肉は、1個が195g、もう1個が186gにて、値段はどちらも398円なり。

世はデフレの延々と続くなると聞こゆるに、良き品物にて割安感のあるは、見る間に売り切れゆくこと、まさに絵に描けるが如し。

そもスーパーにては、かかるチラシの目玉商品、いかほどの数を用意するものなるや。

大量に売りても利益のさほど上がるものにしあらねば、推して知るべきならむ。

このたびのサーロインステーキ肉は、10枚か15枚あたりかとぞ。

しかと目玉商品ゲットせむと欲すれば、販売開始の刻には売り場に着きておること、これ必定とこそ覚ゆれ。

何事も機先を制するにしかずなりけり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »