« かつての職場仲間の女性たちと、花の下にて再会す | トップページ | アイスランドの噴火に、いかにせむ海外一人旅 »

2010/04/11

そろそろ見納め名残の桜、また来年にぞ

100411a神田川沿ひの桜は、はつかの風にも吹雪となりて、いま散り急ぎたり。

花びらの飛び往きたる枝にぞ、葉のやうやう生ひしげり始めたる。

名残の桜は、明日の雨に散りつべし。かくてまた来年の花をぞしも。

年年歳歳、花相似たり。歳歳年年、人同じからず。

けふは日曜日なるを、余は月曜日と勘違ひして、フローリングの床にクイックルワイパーかけたり。

そも、余がクイックルワイパーかけるは、土曜日の決まりごととなしたりき。

いつしか、土曜日にいささか楽をせむとて、一日早めて金曜日にするやうになりつ。

さるを、金曜日も楽をせばやとて、さらに一日早めて木曜日になしたりけり。

かように、木曜日を楽にせむとて水曜日に繰り上げ、水曜日を楽にとて火曜日になり、火曜日を楽にとて月曜日になして、しばらくぞ定着したる。

そを、いまは月曜日と思ひて、クイックルワイパーかけ、終わりてのち気付けば、いでや、けふは日曜日なりけるを。

つらつら思へば、こは、もともと土曜日にやりたるが、一日遅くなりたるに変はらず。

なほ一日早めなば、土曜日となりたるに、こを一週間早めの土曜日なりと強弁することの能ふなるにや。

いっそ、さらに一度に五日早めて、月曜日とせばや、と思案せるを、いかにせむ。

|

« かつての職場仲間の女性たちと、花の下にて再会す | トップページ | アイスランドの噴火に、いかにせむ海外一人旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/48061368

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ見納め名残の桜、また来年にぞ:

« かつての職場仲間の女性たちと、花の下にて再会す | トップページ | アイスランドの噴火に、いかにせむ海外一人旅 »