« そろそろ見納め名残の桜、また来年にぞ | トップページ | 海外一人旅の計画は、春の夜の夢と消えぬ »

2010/04/17

アイスランドの噴火に、いかにせむ海外一人旅

100417aげに大自然の荒ぶること、あな恐ろしや。

アイスランドの噴火の、世界の航空網を壊滅的に断ち切りたるさまこそ、人間ごときのはるか及ばざるところなれ。

航空機の発着停止の、北欧・中欧から17日は南欧へと拡大し、閉鎖空港もさらに広がれり。

世界全域の経済や社会生活への影響、日増しに深刻さを増せど、相手が噴火なるがゆゑに、専門家の間にても今後の見通しは分かれたるとぞ。

数日にて終息せむとの期待ある一方、かたや、収まれりと見ゆれども噴煙・火山灰の吹き上げむ危険、かなり長期に渡りて去らざるべし、との見方もあるらし。

こは、余の旅行計画にも、影を落とし始めおれり。

ことしのGWの後、2年ぶりなる海外一人旅に行かばやとて、すでに旅行会社に代金も支払ひて、スタンバイ状態になむなせる。

さるをニュース見れば、往き帰りの乗り継ぎ空港となせる、フランクフルト、ミュンヘンともに閉鎖となりたるぞよ。

いでや、予約せし航空会社のまさしく同便の、16、17、18日と続けて欠航となりたり。

今見たるテレビは、余の目的地の空港もつひに閉鎖されたるとぞ報じたる。

出発はまだ1カ月以上先のことなるが、5月に入りてから中止を決めたらば、多額のキャンセル料の免れること能はずなりつべし。

さりとて、噴火終息の見通し定かならぬままに、出発の日の近づくも、いかでか心安からざらん。

2年ぶりの旅行実現に眼目置きて、混乱のあらむこと覚悟の上、強行突破すべきなりや。はたまた、安全に重きを置きて大事を取り、キャンセル料の発生せむ先に中止を決断すべきなりや。

迷ひに迷ひて、悩ましきことの限りなき卯月後半なるかな。

|

« そろそろ見納め名残の桜、また来年にぞ | トップページ | 海外一人旅の計画は、春の夜の夢と消えぬ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/48108447

この記事へのトラックバック一覧です: アイスランドの噴火に、いかにせむ海外一人旅:

« そろそろ見納め名残の桜、また来年にぞ | トップページ | 海外一人旅の計画は、春の夜の夢と消えぬ »