« 定期点検とてエレベーター動かず、じっと潜みたり | トップページ | 空き箱二つ重ねて、重き本の読書スタンド完成せり »

2010/05/13

12年間探し求めたるシャヴァンヌ画集を入手

100513aいとどいみじう久しく探し求むれど、さらさらに見つけることの能はざる物あり。

余にとりて、その最たるもの、シャヴァンヌの画集なりたりけり。

ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ(Pierre Puvis de Chavannes 1865-1918)ぞ、その画家なる。

初めてパリのオルセー美術館を訪れし時、あまたの名画・名作の燦然と居並ぶ中に、ひときは余の心に残りたる一連の絵画あり。

いずれも、余の目にしたりけることなき絵画にて、オルセー1階右側なる幾部屋かのスペースに、10点ほどが展示されてあり。

こがシャヴァンヌの作品とは、初めて知りぬ。

淡き色彩、静謐にて幻想的なる雰囲気、なでか遠き夢に見しことあるやうなる、懐かしき光景。

余は時の経つも覚えず、シャヴァンヌのコーナーにくぎづけとなりて佇みぬ。

この時より、余は大きなる書店に寄るたび、シャヴァンヌの画集しもあるにや、と探しありきたりけり。

シャヴァンヌの絵の何点か収められたる画集はあれど、シャヴァンヌのみにて1冊をなす画集は見つからず。

ネットにても調ぶれど、そも日本で発売されたりける形跡、見当らず。

かくて12年の歳月の過ぎ往きて、ほとほと諦めかけ居りたるに、このほどやうやう、海外にて刊行されたりけるシャヴァンヌ画集を見つけ、げに運良くもゲットするを得たり。

いでや、この画集には、素描も含めてシャヴァンヌの作品約150点なむ収められたる。

我が国にては、いまなほ印象派人気の圧倒的なるに、シャヴァンヌはマネらと同時代ながら、作風は印象派とも写実主義とも異なりて、象徴主義と位置づけられたるとぞ。

象徴主義は音楽におきては、ドビュッシーに多大なる影響を与へたりけるとされており、かく言はれてみれば、シャヴァンヌ画集を括りてみやるほどに、「牧神の午後への前奏曲」なんどの、遥か彼方にて鳴るを聴きたるがごとき心地こそしたれ。

|

« 定期点検とてエレベーター動かず、じっと潜みたり | トップページ | 空き箱二つ重ねて、重き本の読書スタンド完成せり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/48348416

この記事へのトラックバック一覧です: 12年間探し求めたるシャヴァンヌ画集を入手:

« 定期点検とてエレベーター動かず、じっと潜みたり | トップページ | 空き箱二つ重ねて、重き本の読書スタンド完成せり »