« 不思議なる夢の中で出逢ひし女のこと | トップページ | 定期点検とてエレベーター動かず、じっと潜みたり »

2010/05/02

黄金週間とて、格別のことせで過ぐし居り

100502a世の中はGWとてさざめき合へるに、余はいずくにも往くことなく、格別のこともせで、つねと変はらぬ日々を過ぐし居れり。

すずろにありく道に、いつのまに初夏の訪れたるにぞ、躑躅(つつじ)なりや皐月(さつき)なりやの咲ける。この区別いまだにつかず。

4月の末近く、余の血圧、にはかに急上昇したりて、自覚症状さへ伴へり。思ひあたる節もなきに、いみじうこころもとなかりけるを。
数日、様子見るうちにやうやう、おのずから正常値に戻りたりて、いまは何事もなし。

そに続きて、こんどは血圧計の毀れたりて、さらさら作動せずなりにけり。保証期限の過ぎたりければ、せんかたなく購ひ直して来たり。

気分を新たにせばやとて、先日録画し置きたる音楽番組再生して、リヒャルト・シュトラウスの『ばらの騎士』組曲なむ聴ける。尾高忠明指揮のN響による演奏とぞ。

余はこの数ヶ月、いかなるにや、クラシックをふつと聴かずなりにけるに、こは久久に聴きたり。若きころは、さしていみじとも思はざりける曲なれど、今聴きてみれば、ひたぶるに精神の高揚ぞ覚ゆる。

いとまには、小学館の全集にて『宇治拾遺物語』を読み居れり。
第6話には仰天せられたり。「煩悩を切り捨てて」とあるくだり、いでや、煩悩とは男の一物のことなるとよ。

さもありなむとも覚ゆれど、女には煩悩といふもの、なきものなりや。
男女とも衆生はひとしく、煩悩の海中にもがきて生きるにこそ。

けふは八十八夜なるらし。茶摘のニュース、テレビで報じ居たり。
平々凡々に、つねと変はらぬさまにてGWを過ぐすことの能ふもまた、至福ならずや。

|

« 不思議なる夢の中で出逢ひし女のこと | トップページ | 定期点検とてエレベーター動かず、じっと潜みたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/48242580

この記事へのトラックバック一覧です: 黄金週間とて、格別のことせで過ぐし居り:

« 不思議なる夢の中で出逢ひし女のこと | トップページ | 定期点検とてエレベーター動かず、じっと潜みたり »