« 贖ひてから1月半、朝顔やうやう咲けり | トップページ | 忘却のメモ帳発見、小学6年生の自分に出会ふ »

2010/08/17

37度超せる酷暑の中、歯を抜きて来たり

100817a_2東京はけふも超猛暑日となり、都心で37.2度、練馬では38.2度にもなりぬ。

灼熱地獄の最中、余は歯科医院にて、奥から2番目の歯なむ抜きて来たる。

この歯は、もともと4年前にぼろぼろになりかけたりけるを、幾分なりとも延命せばやとて、歯根を2つに分け、被せ物のみ1つになして、からうじて今日まで持ちこたへたり。

されど、もはや限界なるにや、歯根より入りたるらむ黴菌の、歯茎や顎、頬にまで回りたりて、物も食へぬほどの痛さとなりぬ。

お盆の墓参りから新幹線にて東京に帰りけるに、その足にて歯科医院に駆け込み、こは抜くよりほかにせむかたなし、と診断さるる。

いでや、抜く前の麻酔打たるる、耐へがたきほどの痛さなり。

医師は、「痛きところに麻酔打つ、これすこぶる痛きは常なるぞよ」と冷静に宣ふ。

最初に麻酔の激痛乗り越へたるによりて、抜くこと自体は痛くも痒くもなかりけり。

抜きたる跡は、ブリッジにて義歯を両側の歯より支へることになるらし。

治療の終はるは、9月中旬から下旬ころなるとぞ。

けふはまだ、多少の出血の続くなれば、普通の食事の食ふこと能はざる。

部屋の中さへ熱風満ちたるに、素麺の茹でる熱気の浴び難ければ、近くのスーパーにて出来合ひの冷やし素麺パック贖ひて食らふ。

生きることは、痛きことと覚へたり。

痛さこそ、生きむがための通行料にして、生きたることの証なれ。

|

« 贖ひてから1月半、朝顔やうやう咲けり | トップページ | 忘却のメモ帳発見、小学6年生の自分に出会ふ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/49171319

この記事へのトラックバック一覧です: 37度超せる酷暑の中、歯を抜きて来たり:

« 贖ひてから1月半、朝顔やうやう咲けり | トップページ | 忘却のメモ帳発見、小学6年生の自分に出会ふ »