« 宇宙の96%の物質が正体不明なる衝撃 | トップページ | 37度超せる酷暑の中、歯を抜きて来たり »

2010/08/14

贖ひてから1月半、朝顔やうやう咲けり

100814a今年の朝顔、贖ひしは7月4日のことなるに、いつまで待ちても、とうと花の咲かざりけり。

たまさか、3鉢のうちの1鉢に、1輪か2輪咲けることのありしも、疾くまた咲かずなむなりにける。

なかんずく、8月に入りてからは、押し黙りたるやうに、どの鉢も来る日も来る日も、花を見ることなし。

これ猛暑のなせる業なりやと訝れども、ちさき蕾のあまた付きてあれば、またく花の咲かぬにもあらざるとも覚ゆる。

かくて、花忘れたる朝顔に、朝な夕な、水遣ることの幾星霜ぞ。

今朝、起きてベランダ見れば、いでいで、どの鉢も見事なる花のあまた咲きにけるは。

紺、水色、紫、赤、白と、色も多彩にして、花の数20輪ほどもあり。

これまで抑へられたりける命の、一気に噴出したる感ぞある。

今年の鉢は、なべて遅咲きなるにや。はたまた、ここ数日の猛暑一服にて、やうやうに生き返りたるや。

こが一過性のものにあらずして、かく咲き乱れむ様の、長く続くことあれかし。

|

« 宇宙の96%の物質が正体不明なる衝撃 | トップページ | 37度超せる酷暑の中、歯を抜きて来たり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/49145198

この記事へのトラックバック一覧です: 贖ひてから1月半、朝顔やうやう咲けり:

« 宇宙の96%の物質が正体不明なる衝撃 | トップページ | 37度超せる酷暑の中、歯を抜きて来たり »