« 今年もまた新宿に、背高き白怪人現はる | トップページ | あまりに急ぎたるによりて、時間の止まれる男 »

2010/10/14

新宿の地下道に、美しく青きクラゲたち舞ふ

101014a街をすずろにありくに、思ひかけぬ物に出遭ふことのありけるを。

新宿通りの真下通れる地下通路に、何やらん、人のあまた集まりて、さめきたり。

見れば、通路の壁に大きなる水槽の2つ埋め込みたるありて、水中には青きクラゲどもの、みやびやかに舞へる。

通行人ら、つぎつぎと立ち止まりて、「こは本物なるは」「いみじう、さやかなるかな」なんど云ひて、ケータイのカメラぞ向けたる。

こは、何かの企画なるらしきも、さだかには覚へず。

余もしばし、ひたぶるにクラゲの舞になむ魅入らるる。

クラゲは、何をか考へて、かく舞ふぞ。

楽しきことや、辛きこと、クラゲにはありや。歓ぶことや、怒れることなんど、時にはあるにや。

何ぞの欲すること、クラゲには、ありやなしや。クラゲには、そも向上心や悩み事のたぐひの、あるにや。

水槽の外側より人にて見らるること、クラゲは知りたるや。

クラゲの一生は、幸せなりや、退屈なりや。

漢字にて書けば、クラゲは海月とぞ。美しくも儚く、哀しき字面なり。

|

« 今年もまた新宿に、背高き白怪人現はる | トップページ | あまりに急ぎたるによりて、時間の止まれる男 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/49741459

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿の地下道に、美しく青きクラゲたち舞ふ:

« 今年もまた新宿に、背高き白怪人現はる | トップページ | あまりに急ぎたるによりて、時間の止まれる男 »