« 金木犀の甘きかほり漂ひて秋を知る | トップページ | 新宿の地下道に、美しく青きクラゲたち舞ふ »

2010/10/10

今年もまた新宿に、背高き白怪人現はる

1010102

けふは、秋の恒例行事とて定着せる新宿芸術天国の日なるに、朝のうちの雨も上がりて、大道芸の繰り広げらるる午後からは、薄日も射したり。

新宿通りには、人垣の輪の、をちこちに、あまた広ごりて、輪の中にては、なにやらん、パフォーマンスの行なはるる気配なれど、人だかりに遮られて、え見えず。

さるに、人人のいみじうどよめく方を見れば、身の丈3メートルもの白塗りの怪人の、今年もまた現はれたるぞかし。

見えにくき大道芸ばかりなる中、この怪人のパフォーマンスなむ、自ら大股にて通りを闊歩して移動してゆけば、目立つこと、このうへなかりける。

見物客いみじう喜び沸きて、ケータイのカメラぞ一身に向けらるる。

思ふに、この怪人、竹馬のやうなるもの、足にしかと繋げたるにや。

この姿にて颯爽とありき回り、あまつさへ長きコンパスにて走りもするは、なのめならぬ訓練の必要なるらむ。

仮面かぶりたるによりて、表情の眉一つ動かすことなく、また一声の発することだになきこそ、怪しさのひときは増さりて、つきづきしけれ。

|

« 金木犀の甘きかほり漂ひて秋を知る | トップページ | 新宿の地下道に、美しく青きクラゲたち舞ふ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/49702435

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もまた新宿に、背高き白怪人現はる:

« 金木犀の甘きかほり漂ひて秋を知る | トップページ | 新宿の地下道に、美しく青きクラゲたち舞ふ »