« けふの万歩計、凛と10000歩なりけり | トップページ | 今年もまた新宿に、背高き白怪人現はる »

2010/10/07

金木犀の甘きかほり漂ひて秋を知る

101007aこは、いづくからにや、2、3日前より、余の家の辺りありく度、金木犀の甘き香の漂ひ来たれり。

近くなる辺に、金木犀の花の咲けるにこそあらめ、と思ひて、くまなく見渡せど定かならず。

姿なくして、かくもいみじう香るも不思議のことかな、と怪しみて、裏通りから表通りを曲がりたりけるに、ふと目の前に、いと大きなる金木犀の、ひたぶるに金色の花々咲き誇れるになむ、出遭ひたりける。

間近にても香り強きものを、遠く離れたる裏道の隅々まで、かぐはしき香りの衰えざること、さうなしとぞ覚ゆる。

金木犀の香りにて思ひ浮かぶは、幻の女流作家とて近年評価の高まれる、尾崎翠(おさきみどり、1896年-1971年)の作品なり。

彼女の小説や詩のあちこちに、木犀の登場したりけるは。

『木犀』より
厳しい邸宅の前で私たちの体は静かな木犀の香に包まれた。(中略)チャアリイは杖で木犀の香を殴りつけた。

『地下室アントンの一夜』より
「季節はずれ、木犀の花さく一夜、一壜のおたまじゃくしは、一個の心臓にいかなる変化を与えたか」-ああ、松木氏の動物学の著述の背文字は、あまりに数多くて覚えきれないほどだ。

同じく『地下室アントンの一夜』より
木犀の花は秋に咲いて、人間を涼しい厭世に引き入れます。咽喉の奥が涼しくなる厭世です。

『神々に捧ぐる詩 ヰリアム・シヤアプ』より
わがまどの
もくせいの香は、
雨ふらば
こほろぎの背に
接吻ひとつ。


|

« けふの万歩計、凛と10000歩なりけり | トップページ | 今年もまた新宿に、背高き白怪人現はる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/49674145

この記事へのトラックバック一覧です: 金木犀の甘きかほり漂ひて秋を知る:

« けふの万歩計、凛と10000歩なりけり | トップページ | 今年もまた新宿に、背高き白怪人現はる »