« 白昼夢の如きシュールなる光景を撮れり | トップページ | ヘッドホン装着せではブラームス聴けず »

2010/11/07

花園神社の酉の市ぞ、異次元の世界なる

1011071r0

けふは立冬にして、一の酉なるとぞ。

小春日和の日曜日とて、ひとびとの流れ、花園神社の酉の市のあたりへと、いみじう流れゆけり。

1011071r1

余もすずろに人の流れに和して、花園神社に向かふ。

靖国通りから、あまたの露店居並ぶを眺めつつ、境内に入れば、そこは異次元の空気に満ち、時の止まれる異世界なり。

1011071r2

酉の市を訪れたるは久方ぶりなると思ひきや、まことは、四年も昔のことなるぞかし。

その時に見し光景の、つゆ変はらぬまま在りけるになむ、デジャ・ヴュの如き心地する。

1011071r3

「一方通行入口」と書かれたる大きなる看板こそ、ひときは不思議なりけれ。

いづこから、いづこへの一方通行なるにや。

うつつから夢の世界へ、日常から非日常へ、ケからハレへの一方通行かとぞ。

1011071r4

いでや、看板が逆さまなりと、たれか確信を持ちて云ひ切るる。

逆さまなるは、看板以外の方なりて、赤き鳥居も樹木も露店も、道も参拝客も、空すらも逆さまなるにや。

われらは皆、球体の地球の表面に、からうじて張り付きて生きたる存在なり。

上下や逆さまなんどの概念なむ、こはなべて相対的なる。

酉の市の異次元空間にては、看板を正しき基準となし、すべてを逆さまワールドとして楽しむもまた趣にこそ。

|

« 白昼夢の如きシュールなる光景を撮れり | トップページ | ヘッドホン装着せではブラームス聴けず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/49962990

この記事へのトラックバック一覧です: 花園神社の酉の市ぞ、異次元の世界なる:

« 白昼夢の如きシュールなる光景を撮れり | トップページ | ヘッドホン装着せではブラームス聴けず »