« 花園神社の酉の市ぞ、異次元の世界なる | トップページ | 給湯器の故障したりて、危ふく湯の出ぬ祝日に »

2010/11/17

ヘッドホン装着せではブラームス聴けず

101117a『キューポラのある街』を初めて観しは、40年以上も昔のことなるが、オンボロだちたる京大西部講堂にて開催されし上映会なりけり。

その時の進行役なむ、のちに赤軍派議長となりたる塩見孝也にて、映画の題名を誤りて『キューポラの街』と、なでか慌て口調にてアナウンスしたりけるが、記憶に残れる。

さはともかく、『キューポラのある街』には、すこぶる印象的なるシーンの、いみじうあまたあり。

牛乳瓶の窃盗、鳩を飼ふこと、母の出産、父との諍ひ、修学旅行の断念、朝鮮人一家の帰国、労働組合、パチンコ店でのアルバイト、等等。

なかにても、余の最も心に残れるシーンぞ、吉永小百合のジュンの、友達の家にて、たはぶれに、生まれて初めて口紅を塗りてもらふところなる。

このときなむ、ブラームスの交響曲第4番の最初の部分の、静かに切々と流れ来たれるは。

汚濁せる大人社会への嫌悪。にも関はらず、否応なしに少女から大人に脱皮していかねばならぬ青春の苛酷。

ブラ4は、ジュンの内面の葛藤と哀しさを余すところなく伝へて、映画とクラシック音楽の最も優れたる融合なりとぞ覚ゆる。

ここからが本論に入るなるが、テレビの音楽番組の録画しけるをデッキにて再生せむとするに、ブラームスの交響曲はなべてバイオリンの旋律、ひたぶるに超高音域に作られたりて、高音部はほとほと聴き取ること能はず。

音量を上ぐれば、からうじて聞き取るるものの、全体の音量のあまりに大きなるぞ、うたてげなる。

思案の末に余は、ワイヤレスヘッドホン使ひなば高音部も聴こゆべしと思ひ立ち、ネットのレビューなんど参考にして、オーディオテクニカのCL550ULを贖ひたり。

ヘッドホン装着して、ブラ4の聴きてみたれば、これまで余が聴きつるは何なりや、とあさましうなるほどに、別世界の音に聴こゆ。

高音部の鮮明なるは云ふもさらなり。音のダイナミックに広ごりて、厚みと深みのある響きは、これぞブラームスと快哉を叫ぶ心地なる。

げに、ヘッドホン装着せではブラームス聴けずなりたるぞかし。

|

« 花園神社の酉の市ぞ、異次元の世界なる | トップページ | 給湯器の故障したりて、危ふく湯の出ぬ祝日に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/50056321

この記事へのトラックバック一覧です: ヘッドホン装着せではブラームス聴けず:

« 花園神社の酉の市ぞ、異次元の世界なる | トップページ | 給湯器の故障したりて、危ふく湯の出ぬ祝日に »