« 昇降機も自動階段もなき地下に、新装食堂街 | トップページ | 朝日新聞号外にて振り返る2010年 その1 »

2010/12/11

朝日新聞号外にて振り返る2010年 その2

2010_006a

6月25日 サッカーW杯南アフリカ大会1次リーグにて、日本はデンマークを破りて決勝トーナメント進出を決めたり。国外開催のW杯にて、初のベスト16入りなむ果たせる。かくて日本は、6月29日深夜、パラグアイとの壮絶なる死闘を迎へ、延長にても決着つかずして、PK戦へともつれ込み力尽きたり。PK外したりて泣く駒野を、チーム仲間たちの駆け寄りて抱きかかへるシーンこそ、目に焼き付けられたり。


2010_007a

9月14日 民主党は6月に代表選挙行なひ菅代表選出されて間もなきに、任期の規定によりてまたまた代表選挙を行ひたり。菅首相と小沢前幹事長との激突となり、国会議員票にてはほぼ拮抗せるも、地方議員票と党員・サポーター票にて大差つけたる菅首相が再選され、続投ぞ決まれる。党を二分したる代表選挙のしこり、その後、尾を引きて、国会運営も党運営も見通しなき手詰まり状態に。


2010_008a

9月24日 マリナーズのイチロー選手、ブルージェイズ戦にて2本の安打放ち、自らの大リーグ記録更新する10年連続200安打なむ達成したる。年間200安打の通算回数にても、ピート・ローズの持てる歴代最多の10回に並べり。大リーグ1年目の2001年に242安打放ちて以来、毎年200安打達成し続くるは、驚異的なる努力と精神力のなせる業にこそあらめ。


2010_009a

10月4日 小沢一郎氏の資金管理団体「陸山会」の土地取引めぐる事件にて、検察審査会は小沢氏を強制的に起訴すべきとの起訴議決ぞ公表せる。東京地検特捜部は2月、元秘書3人を起訴せるも、小沢氏につきては不起訴とし、検察審査会の4月に続き2度目の議決出したるによりて、裁判所指定の弁護士が検察官に代はりて起訴する段取りに。


2010_010a

10月6日 今年のノーベル化学賞は、鈴木章・北大名誉教授と根岸英一・米パデュー大特別教授らに決まれり。有機合成におけるクロスカップリング反応にて、両氏はそれぞれ独自の触媒用ひる画期的なる合成法なむ開発したる。この合成法ぞ、世界中にて医薬品からデジタル機器の液晶なんど、ひたぶるに広き分野にて応用さるること、めでたき業績なるぞかし。


2010_011a

11月23日 北朝鮮軍は黄海上の南北軍事境界線越へて、韓国北西部のヨンピョン島に対して20発余の砲撃を行なへり。韓国軍も対抗射撃して銃撃戦となり、韓国軍兵士2人と島に住む民間人2人ぞ死亡したる。朝鮮半島情勢は一触即発の極めて危険なる状態に。北に影響力持つ中国なむ慎重なる姿勢にて、緊張高まるまま年末を迎ふる。


【過去の関連記事】
朝日新聞号外にて振り返る2009年 その1
朝日新聞号外にて振り返る2009年 その2
朝日新聞号外で振り返る2008年 その1
朝日新聞号外で振り返る2008年 その2
朝日新聞号外で振り返る2008年 その3
朝日新聞号外で振り返る2007年
朝日新聞号外で振り返る2006年

とっておき号外に見るあの時(1)-昭和の終焉
とっておき号外に見るあの時(2)-元号は平成
とっておき号外に見るあの時(3)-湾岸戦争
とっておき号外に見るあの時(4)-毛沢東の死
とっておき号外に見るあの時(5)-ロッキード事件
とっておき号外に見るあの時(6)-空の大惨事
とっておき号外に見るあの時(7)-樺美智子さんの死

|

« 昇降機も自動階段もなき地下に、新装食堂街 | トップページ | 朝日新聞号外にて振り返る2010年 その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39504/50270561

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞号外にて振り返る2010年 その2:

« 昇降機も自動階段もなき地下に、新装食堂街 | トップページ | 朝日新聞号外にて振り返る2010年 その1 »